home
/ MIND
/ ストレスを減らすには、ストレスを理解することから始めよう!

ストレスを減らすには、ストレスを理解することから始めよう!

ストレス
この記事を書いた人
オンライン日本語教師
Kanako

今回はアンデス・ハンセンさんの著書、「ストレス脳」からの学びをシェアさせていただきます。

祖先の死因の多くは〇〇〇だった?

コロナ・ウイルスの蔓延によって、この2〜3年、感染症への注目が一気に高まりました。

しかし、人類の歴史を振り返ってみると、人間の半数は大人になる前に亡くなってしまい、そのほとんどの死因が感染症であったことは、すっかり忘れられています。

その後、医療が発達して、衛生環境も大幅に良くなったおかげで、わたしたちの体は感染症による脅威に対して、とても強くなりました。

感染症で命を落とすことが減った今、わたしたちはみな、心身ともに健康で何一つ問題のない生活を送っているでしょうか?

「はい」と答えられる人は、そんなに多くはいないでしょう。

それは、わたしたちの体や衛生状態は大幅に改善した一方で、わたしたちの脳が、1〜2万年前からほとんど変化していないためです。

ストレスは脳の炎症?

ストレスを減らすには、ストレスを理解することから始めよう!

あなたにとって、「ストレス」とはなんでしょうか?

目には見えないから漠然としているし、脳内で何が起きているのか正直良くわからないですよね。

わたし自身、ストレスを感じていることへ自覚症状がないタイプで、身体的な痛みが生じるまでは、いつも全然気づかないタイプです。

それでは、自分が狩猟採集の時代にタイムスリップした状態をイメージしてください。

安全な場所はなく、あなたは野獣に襲われないか?びくびくしています。

ストレスは、狩猟採集時代における、この警戒状態と同じで、脳の中では炎症が起きている状態です。

この警戒状態、ストレス、炎症が、慢性化したら、どうなるでしょうか?

その炎症は、やがて病気、うつ病へと発展していきます。

また、うつ病患者の調査によると、うつ病患者の体温はやや高く、微熱があることが多いそうです。

つまり、うつ病は人の脳にとって、むかし多くの人を苦しめていた感染症と同じようなものなのです。

肥満もストレス炎症状態?

今の時代、インターネットで仕事や買い物ができて、電車や車で、目的地にはすぐに行けます。

コンビニではいつでも手軽になんでも手に入って、ファストフードでは、おいしいハイカロリーな食べ物がたくさんありますね。

しかし、こんな便利な暮らしやツールと引き替えに、わたしたちの運動量は激減してしまいました。

わたしたちの祖先は1日に1万5000〜1万8000歩ほど歩いていたと言われています。一方、現代人の1日の歩数は5000〜6000歩ほど。

こんなに社会が発展したにも関わらず、肥満はいまや大きな問題となっています。

狩猟採集時代だったら、肥満は危険?

ストレスを減らすには、ストレスを理解することから始めよう!

あなたがお腹いっぱいで、もう動けないという状態で、狩猟採集時代にまたタイムスリップしたら、どうなるでしょうか?

そこはいつ敵に鉢合わせて、命を狙われてもおかしくない、とても危険なところ。

でも、あなたはお腹いっぱいで、とても走って逃げられる状況ではない。

そんな状況の時、頭の中では警戒アラームが全力で鳴り続けます。

このように肥満は脳にとって、ストレスとおなじ炎症の要因を作ってしまうのです。

つまり、肥満であり続けることは、脳にとって脅威なのです。

運動習慣を身につけ、健康体でいることは脳やストレス緩和には非常に大切なのです。

人との時間が人を幸せにする

もう一つ、うつに関する研究でわかったことは、同じ国の中であっても、田舎に暮らす人々の方が、都会に暮らす人々よりも、うつになる確率が低いということ。

人が多くいる都会は社交の機会が多くありますが、意外とその関係は気薄になりがちです。

人と人が直接会い、話したり、一緒に時間を過ごすことは、ストレスを軽減させる効果があります。

コロナで直接会うことが前よりも難しくなりましたが、人同士の繋がり、一緒に過ごす時間というのは、脳の健康のためにもとても大切なので、この記事を読んだあと、画面に目を向けるのをひと休みして、周りの人との時間を味わってみてはいかがでしょうか。

ストレス脳
ストレス脳

ストレス脳

MIND

ストレス
いいねしよう!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
About Wellness To Go by Arisa

ウェルネスとは、「より豊かに生きるための方法や過程。そのために意識、気づきを高め、学び、チャレンジしていくこと」。“To go” は“お持ち帰り”という意味です。
このサイトに遊びにきてくれた人が、ピンときた情報を “お持ち帰り”して、1日5分でも10分でも忙しい日常から立ち止まって、自分と向き合う時間を作り、カラダとココロの状態に気づいたり、リラックスするヒントになったら最高です。皆さんのウェルネスの旅をここから一緒に始めていきましょう!

Read More