home
/ Body
/ 「ため息をつくと幸せが逃げる」はウソ!ため息の体と心への効果

「ため息をつくと幸せが逃げる」はウソ!ため息の体と心への効果

ため息をつく

「ため息ををつくと幸せが逃げる」

なんて言われますよね。
幸せに逃げられちゃーいかんよ!って思って、つらいことがあってもため息を我慢しているひとももしかしたらいるかもしれません。

【溜め息, Sigh】
気苦労や失望などから、また感動したときや緊張がとけたときに思わず出る大きな吐息。
 To exhale audibly in a long deep breath, as in weariness or relief.

私、バンクーバーに来てから意図的にため息をつくようになりました。
それはヨガをしている時や、捨てたい感情を放す時。

私のヨガビデオでも

「吐く息は、ため息として口から吐き出しましょう」

とよく言っていますし、バンクーバーでうけるヨガクラスの中でも

「Audible exhale…
聞こえるように吐きだしましょう」

なんて先生はよく言います。

溜め息は身体的、精神的なリセットボタンであることが研究で明らかに!

同じペースで呼吸を続けていると、肺は固くなっていき、ガス交換が効率よくできなくなります。
時々溜め息を加えることによって、肺胞がのびやすくなり、呼吸もしやすくなるようです。

しかし、ここで注意点。

人と話している時に溜め息をつくと、相手に「悲しい」印象を与えます。
自分が気づかないうちに、たくさん溜め息をついているのもあまりよくない気がしますよね。なんとなく、どんどん元気がなくなる感じがしてしまいます。

自分の行動や癖に意識的になることは大事です。(⌒-⌒)

ストレスがたまっているな。
ネガティブになっているな。
不安だな、緊張しているな。

そんな時に、この方法を試してみて下さい。

感情を放していく方法

トイレや、車の中など1人になれる所に行って、目を閉じます。
鼻から大きく吸い込んで、体中に酸素や栄養を送ります。
口から大きな音を出して溜め息として吐き出します。
放したい感情、怒りや恐れ、緊張や不安、すべてを口から吐き出しましょう。
吐き出す息に、色をつけてもいいかもしれません。
体と心をリセットするために、意図的につく溜め息は私達にとっても必要なのです。
意図的にたくさんため息をつこう!

LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。
LINE限定インタビュー動画を定期的に配信しています。

友だち追加

Body

ため息をつく
いいねしよう!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
About Wellness To Go by Arisa

ウェルネスとは、「より豊かに生きるための方法や過程。そのために意識、気づきを高め、学び、チャレンジしていくこと」。“To go” は“お持ち帰り”という意味です。
このサイトに遊びにきてくれた人が、ピンときた情報を “お持ち帰り”して、1日5分でも10分でも忙しい日常から立ち止まって、自分と向き合う時間を作り、カラダとココロの状態に気づいたり、リラックスするヒントになったら最高です。皆さんのウェルネスの旅をここから一緒に始めていきましょう!

Read More