by Arisa

home
/ 海外生活
/ 海外生活

【海外生活】~I am enough~海外で働けば自分に自信がつく!?

この記事を書いた人日韓翻訳者Misato 『海外で働く』と聞くと、みなさんはどんなことをイメージしますか? キラキラしてる?カッコいい?充実していそう? 韓国で働き始めた時の私は、どんよりしていたし、カッコ悪かったなぁ…笑 生活の基盤が韓国にあるということは自分の日常が韓国にあるということ。 キラキラするかどうかは場所の問題ではなくその人自身の問題なんですよね。 韓国に来た当初の私は、自分に自信がなく私なんてまだまだだ、全然足りていないという思いが払拭できずに、もがいていました。 渡韓前、父に言われた一言 私は元々、海外で働くことや韓国に住むことに憧れていたわけではありませんでした。 でも自分の夢である、韓国語を仕事にすることを叶えるために、渡韓を決意しました。 海外で働くことがその後の自分の人生にプラスになると思いましたし、いつまでも自信がない状況から抜け出す良いきっかけになるのではないかと思ったんです。 当時一緒に暮らしていた両親は反対はしませんでしたが父に言われた一言が胸に刺さりました。 『韓国で仮に就職できたとしても、その会社の一人として働くにすぎない韓国という国のほんの一部を見るだけそれが後にどれだけお前のプラスになるんだ?』 父としては心配して言った言葉だったと思うのですがこの言葉が私の心に重くのしかかりました。 韓国生活を通して、必ず何か目に見える成果を残さなければ…私はとても焦りました。 このままではいけない、気持ちばかりが焦っていた日々 無事就職できたものの、会社と家の往復。気持ちにも余裕がない日々。このままでは父の言った通り会社の一社員として働く生活で終わってしまう… そんな中、始めたのがSNSでの発信でした。 最初はすごく楽しかったのですが、夢中になり過ぎて食事や睡眠を疎かにしてしまいました。 韓国生活をより充実したものにしたいという気持ちと、人の役に立ちたいという思い。でも、夢中になればなるほど疲弊していったんです。 そして、発信をお休みすることにしました⁡⁡⁡。 『I am enough』ありのままの自分を受け入れる 発信をお休みし、自分と向き合う時間をもったことで、分かったことがあります。 それは、会社に行って会社の仕事を一生懸命するまずはそれだけでも十分だったってこと。 なんでそんな簡単なことに気づかなかったんでしょう?笑 韓国に来て仕事をしている、それだけで十分大きな一歩を踏み出した。 そのことを自分で認められていなかった。 だからどんなに前に進もうとしても自分は十分って思えなかったんだと思います⁡。

似ているのに違う?幸福度ランキング54位の日本から2位のデンマークに移住して学んだ”自分らしく生きるコツ”

この記事を書いた人 ライフコーチ&ヒプノセラピスト Akiko この春、デンマーク生活7年目を迎えました。人生で起こることには意味があるのならば、私がこの国にやってきたのは、自分らしく生きることで、他の人も大切にして社会の調和を保つことができる、そんな考え方を学ぶためだったような気がしています。 幸せの国デンマーク 北欧の小国デンマークは、世界幸福度ランキングで長年1位の座を守ってきましたが、2019年からその座をフィンランドに明け渡し、2位に転落しました。それでも、最近は日本でもHygge(ヒュッゲ)という言葉を知っている人も増えてきて、幸せな国デンマークへの関心が引き続き高いことが窺えます。 ちなみに、’Hygge’というのは、外国語に訳すのが難しい言葉とされています。 「穏やかで心安らぐ時間(を過ごすこと)」が私の解釈ですが、周りのデンマーク人には、「いやぁ、それじゃ何かが足りないんだよね。」と言われます。何が足りないんだろう…。私がそれを理解するには、もう少し時間がかかるのかもしれません。 Hyggeについては英語で本も出ています。デンマークに興味のある人にはお勧めです。 さて、国連が毎年発表している この幸福度ランキングは、G D Pや国民の自己採点による生活の満足度、健康寿命など総合的に見て、「幸福度」として評価しているものです。2021年はデンマークは2位、対して日本は54位となっています。 (出典:https://worldhappiness.report/ed/2022/) 【幸せな人が多い国】幸せな国ランキング5位のカナダと46位の日本の違い。 デンマークが幸福度2位に転落した年、若干のどよめきはあったものの、国民の反応は至ってクールでした。「あら。そうなんだ」くらい。Cocioという国民的飲み物の広告に「デンマークをもう一度、世界一幸せにしよう」という、やや自虐的なキャッチコピーが現れた程度で、国全体は1位奪還を目指そうというより、高い幸福度の中にも存在する社会問題の解決に力を注いでいます。 そう、デンマーク人は、見た目よりも本質を求める、とても実際的な考え方をする人たちでもあります。 ちなみに一位になったフィンランド人を風刺しているCocioの広告はこちら 日本とデンマークの似ているところ 移住してきたばかりの頃、私はよくデンマークと日本は似たところが多くあると思っていました。 デンマーク人は穏やかな人が多く、感情を明らかに見せる人はあまりいません。道を歩いている知らない人と目が合った時に、微笑みを交わす割合は50%くらい。これまでに暮らしたアフリカや東南アジアの国々に比べると低いけれど、日本よりは高い割合です(私調べ、笑)。 冬はどんより曇り空が続くので、みんな自分の世界に籠って暗めキャラになるのですが、夏に会うと太陽の下で延々とおしゃべりしたり、まるで別の国にいるかのようです。うちのデンマーク人の夫は、「北欧で言えば一番南だから、北欧のラテン系だよね」と謎の説明をしていますが、他の北欧の国に住んだことがないので、実際にどうかは分かりません。 でも確かに、アルコール規制などに関しても、国の取り締まりよりも自主性を重んじる考え方は、個人主義でラテン系的と言えるかもしれません。 そんな国で、私がどうして日本と似ていると思ったかというと、デンマーク人が社会の調和や場の雰囲気といったものを大切にしていると感じたからです。 自分のやりたいことやニーズよりも皆のため、全体のためを考えて動く人が多いと感じたのです。公共の場、例えば電車の中などでのルールやマナーはきちんと守る人が多いですし、守っていない人がいれば注意することもあります。人の話をきちんと聞くという姿勢も、日本に似ていると感じたところです。 デンマークの職場は上下関係もゆるくてカジュアルです。でも密かにしっかり上下関係はあります。 社会全体に流れる調和を大切にする空気。それなのに、自分らしく生きることを実現し、幸せの国であり続けられる。つまり、苦しくなく自分らしさを追求できるのはどうしてなのだろう?漠然とそう考えていました。 日本と似ているのに、かたや一方は幸福度ランキング2位、そして一方は54位という差はどうしてなのでしょうか? それは裏を返せば、日本で暮らしていた私が、社会や周りとの調和を保つ中で息苦しさを感じていたということなのかもしれません。 日本では、道端で親が子どもに注意するときに、よく「周りの人の迷惑になるでしょ」と言うことばを聞く人が多いのではないでしょうか? ところがデンマークでは、「自分を大切にする=調和が取れる」という逆の考え方

ワークライフバランス先進国・オランダ発「ニクセン」で心のケアをしよう

この記事を書いた人 プチハッピーメッセンジャー Rika 何もしない時間、作っていますか? 忙しい現代社会、何もしない時間を持つことは簡単ではありません。 何もしないことに「罪悪感」を感じたり、「時間の無駄」と思う人もいるでしょう。 ワークライフバランス先進国のオランダでは「ニクセン」という言葉があります。 オランダ語「ニクセン」とは? ニクセン(Niksen)とは、オランダ語で「何もしない」という意味の動詞です。 元々は単に何もしないことだけを指していましたが、現代では、何もせずに、ただ今ここにいるだけでストレスの軽減につながるという概念があります。 目まぐるしく毎日が過ぎる生活を送る現代の私たちにとって、何もしない時間を持つことは容易ではないかもしれません。 また、常に何かをしていないといけない、という思い込みがあり、何もしない時間の使い方は無駄だとか、怠けてしまって申し訳ない、という気持ちが沸いてくる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、この「ニクセン」の時間こそが、オランダ人にとってリラックスできる時間であり、また何も準備しなくとも簡単に日常生活に採り入れられる、心のケアの方法なのです。 実はこのニクセン、数年前にニューヨークタイムズで取り上げられたこともあり、当時は欧米で実践する方が結構増えました。 ストレスの軽減だけではなく、燃え尽き症候群のセラピーにおいても、効果的な時間の使い方と言われています。 何もしない、というこの「ニクセン」は、どのように行うのでしょうか。 ニクセンには特に方法はありません。場所は好きな場所でどこでもできます。 公園のベンチに座る、音楽を聴きながらソファの上で、朝のコーヒーをただ飲む、などが、私がよく行うニクセンです。 ワークライフバランス先進国と言われているオランダでは、こうして「何もしないこと」を日常的に行っている人が沢山います。 こういった心のケアを行う時間をゆったりと取れているからこそ、オンとオフの切り替えがうまくできているのかもしれません。 オランダ人に「ニクセン」のことを尋ねると ニクセンについて私のパートナーや友人に尋ねると、ニクセンは時々しているよ、とのことです。 特に私のパートナーは、夕食の後など、たまにぼんやり外を眺めていることがあります。 ああ、これはニクセンをしているから、そっとしておいた方がいいなと思い、話しかけることは控えています。 オランダ人の友人に、連休に何をしていたか尋ねると、庭のデッキチェアに座って、何もせずに空や運河を眺めていたよ、とのことでした。 彼女いわく、庭に生えている草花や近所を歩く猫など、色々なことに気付いたそうです。 また、とてもお天気が良かったのが嬉しかったと話していました。 ニクセンは、忙しい日常から少しだけ離れて、自分のすぐ近くにある新しい発見をし、 目の前にあることに感謝をして生きられる、そんな時間の使い方なのでしょう。 「ニクセン」を実践して感じた変化 時間の使い方が上手なオランダ人たちに倣って、私も定期的に意識して何もしない時間を作り「ニクセン」を実践するようにしています。

【海外生活】1月1日にみんな一斉に年を取る  日本よりも年齢にシビア!?な韓国文化と年齢の壁 

この記事を書いた人 日韓翻訳者 Misato アンニョンハセヨ♪ 海外ってあまり年齢を気にしない イメージがありませんか? でも、韓国は日本以上に年齢を重要視します。 「友だち」と呼ぶのも基本的には同じ年齢の人のみ。 この年齢を重んじる文化は、良い面もあれば 少し負担に感じてしまうところもあります。 みなさんは年齢を気にする方ですか? 韓国の年の数え方は数え年 韓国では1月1日にみんな一斉に年を取ります。 もしその前日12月31日に生まれた赤ちゃんがいたとしたら 生まれてすぐに1歳、1月1日に2歳になります。 私も今年の1月1日に1歳年を取ったことになるので、 韓国では日本の年齢+2歳です。 じゃあ誕生日は何歳になるの?って思いますよね。 誕生日には年を取らないそうなんです。 なので、誕生日以降、次の1月1日を迎えるまでは 実年齢+1歳ということになります。ややこしい…笑 会ってすぐ年齢を聞くのは失礼じゃない!?年齢を重要視する韓国文化 上下関係を重んじるのは日本の文化にも言えることかもしれませんが、 同じ年齢以外は「友だち」と呼ばない韓国ではより年齢を重要視しているように感じます。 会ってすぐに年齢を聞くことが失礼でないのも言葉遣いや呼び方など、相手に失礼のないように接するために必要なことだからのようです。 海外移住で感じた年齢の壁 私が韓国に来た時はもうすでに30代だったので、ワーホリという選択肢は選べませんでした。 海外移住する前に、韓国では日本以上に年齢に対する考えがシビアだという話も聞いていたので 仕事を探す際にも年齢がネックになるのではないか?と少し心配していました。 でも、意外にも面接で年齢に触れられることはありませんでした。

日本語に聞こえる!?スペイン語

この記事を書いた人 スペイン語講師 Misa スペイン語ってどんな言語? みなさん、スペイン語と言う言語を知っていますか? 聞いたことある!という方も多いのではないでしょうか。 現在Arisaさんが暮らしているメキシコも、スペイン語が公用語の国です。 では、世界でスペイン語を公用語としている国がいくつあると思いますか? その数は、なんと21か国! そして、母語話者数は世界第2位です。 有名なスペイン語圏の国を例に出すと、まずはスペイン。そして、マチュピチュやナスカの地上絵があるペルー、鏡貼りの景色が見られるウユニ塩湖があるボリビア、多種多様な動植物が生息するガラパゴス諸島があるエクアドル、などがあります。 そんなスペイン語は、実は日本人と相性の良い言語とも言われています。その理由は、発音にあります。 いわゆるローマ字読みをすることができるので、英語のように「読み方がわからない…」とか、「発音が難しい…」といった問題が少ないのです。 また、不思議なことに日本語に聞こえるスペイン語の単語がたくさんあり、どれも思わずクスッと笑ってしまうものばかり。 今日はその一部をご紹介します。 是非、楽しんで、そしてスペイン語に少しでも親しみを持っていただけると嬉しいです♪ 日本語に聞こえる!?スペイン語の単語 Dame(ダメ) これは、日本語とスペイン語でほぼ真逆のことを意味する言葉です。 スペイン語でDameは、「ちょうだい」という意味。 思わず「ダメ!」と日本語が出てしまったら、現地の人は「え?いるの?いらないの?どっちなの?」と困惑するでしょう。 Goma(ゴマ) 意味は、消しゴムや輪ゴム。 国によっては、接着剤の意味も。 また、輪ゴムをGomaではなくLiga(リガ)と呼ぶ国もあります。 国によって使う単語や意味も色々。このバリエーションの豊かさはスペイン語ならではカモ? Mono(モノ) ウキー! お猿さんという意味! 先ほど登場したGoma(消しゴム)のメーカーにMonoってありますよね。

【海外生活】「ご飯食べた?」が挨拶!? 食事を大切にする韓国文化

この記事を書いた人 日韓翻訳者 Misato みなさんは食べること、好きですか? 私は美味しいものを食べるのが楽しみの一つです。 でも、一人暮らしの海外生活は、ついつい食事が偏り、適当になってしまいがち。 これではいけない!と、最近Wellness To Goのアプリでホリスティック栄養士Erikoさんのワークショップやレシピを見て食事と自分の体に向き合うことを少しずつ心がけています。 韓国の人々は、食事をとっても大切にしているなと感じます。 今回は、驚いたり、いいなって思ったりした私が感じた韓国の食文化についてお話したいと思います♪ 「ご飯食べた?」が挨拶!?食事を大切にする韓国の人々 韓国では「ご飯食べた?」というフレーズが挨拶代わりになるほど、よくこの質問をします。 以前、本で読んだのですが、 この言葉は昔食べるものがあまりなかった時代、 ご飯をちゃんと食べているか?飢えていないか?を 確認するためのものだったそうです。 韓国人の友だちにその本を見せたら そうだったんだー!と言っていました。 現代の韓国人は、習慣的になんとなく この質問をしているのかもしれませんね。 私も韓国で海外生活をするようになってから、 「ご飯食べた?」ってたくさん言うようになりました。 ランチは時間厳守!食事を楽しむ韓国文化 韓国の会社に勤めながら海外生活を送る中で、驚いたことの一つ。 作業中でもランチタイム開始ぴったりに立ち上がり、食堂に向かうこと。 私が勤務している会社では主に食堂で食事をするのですが 毎月公開されるメニュー表を見て、 〇曜日が楽しみ♪とか、今日のメニューの〇〇が気になる!など 日常的に食事の話をしているのをよく目にします。