ゴール設定

Child Climbing StepsYoga

ゴールを持たないということ

「ヨガを始めて1年経つのですが、体も硬いし、成果らしいものが感じられません。何か良い方法はありますか?」 という質問を時々もらうことがあります。 ヨガのゴールは体が柔らかくなることではないと思っています。 ヨガジャーナルのような美しいポーズができることでもないし、 逆立ちのポーズができるようになることでもない。 ゴールを設定して、そこに向かっていくことはとても大事だと思うのね。 でも現代社会、全部それじゃない? 目標達成の社会。 仕事でも、家庭でも。 筋トレでは、目標の体になるために、鍛えたい筋肉をつけるために頑張って、 マラソンをしている人は、タイムを目標にする人もいるかもしれない。 だからヨガをしている時くらいは、ゴールを持たずに、ただ呼吸とともに動いて、体を感じる。 終わった後にスッキリしているかもしれないし、もしかしたら良い気分で終われない時もあるかもしれない。その期待もせずに。 いつもできなかったポーズは今日は簡単にできたり、その逆でいつもできるポーズが今日はできないかもしれない。それもどっちでもいい。 ここの筋肉をストレッチしてやろう!とか、この痛みをとってやろう!とかそういう目的も持たずに。 ただ体に意識を向けて動かして、狭い場所やつまっている場所に空間を作っていく。 奥歯の力を抜いて、ポーズに溶け込んでいって、呼吸に意識し、「今」を生きる。 スローダウンして、普段外向きの意識を、自分の内へと持っていく。 そうすると、いつの日か、 体に対して感謝したり、 頭の中の思考や感情を、第3者的にただ見守ることが上手になったり、 心の周りに自分を守るために作った壁が少しずつとれていって、人間関係が自然と良くなったり、 人生で起こる、コントロールできない出来事に、慌てふためいて反応するのではなく、落ち着いて呼吸をして対応できたりするかもしれない。 他の分野での目標達成への強いメンタルが鍛えられるかもしれない。 いつの日か、 体も柔らかくなるかもしれないし、体重が減るかもしれないし、綺麗なポーズができるかもしれない。 ゴールを持たずに、感じる時間。 それがヨガだと私は思う。 Don’t think, Feel!  by Bruce Lee それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 LINE始めました! 忙しい12月、瞑想の時間を作ろう!ということで「朝の10分瞑想」をお友達になってくれた方にプレゼントしています。 こちら、アプリの定期購読でも人気だった瞑想のひとつです。 こちらからお友達になってくれたら嬉しいです! おうちヨガの時間を習慣にしていきませんか?ヨガで自分のからだと心に優しくなれたら、きっと人にも優しくなれるはず。こちらからニュースレター登録をしてくれた方に40分ヨガプレゼントしています!おうちヨガの時間を是非登録してね♡