by Arisa

home
/ レシピ
/ レシピ

正しい水分補給で熱中症対策!手作りスポーツドリンクレシピ

この記事を書いた人 ホリスティック栄養士 Eriko 私は以前あまり水を飲みませんでした。学生の頃まで、500mlのペットボトルが1本あれば、それで1日を過ごすことができました。 水分をとらなかった理由は、体がむくんで重くなったり、頻繁にトイレに行かなくてはいけなくなることを心配していたからです。今では考えられませんが、水分はほとんどお茶や牛乳からとっていました。 喉が乾く前に水を飲もう! 以前の私は十分水分をとっていなかったので、便秘やむくみは当たり前、代謝も悪く、今よりも食べる量が少なかったにもかかわらず、ぽっちゃりとしていました。 今では、朝コップ1杯以上のお水を飲み、どこに行くにもウォーターボトルを持ち歩いています。体は「もうすぐ体内の水分量が少なくなるから水を飲みなさい」とリマインドをしてくれないので、普段からこまめな水分補給を習慣つけることが大切です。 喉が乾いたと感じた時は、もう軽い脱水症状が始まっています。 人間のからだの約60%は水分です。水分を5%失うだけで脱水症状や熱中症などの症状が現れ、脳梗塞、心筋梗塞のリスクも上がります。20%失うと死に至ります。 「出典:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html」 ”水を飲むと体がむくむ”は勘違い むくみは、水分不足や血流の悪化などが原因で起こります。 むくみは水分のとりすぎが原因だと考える方が多いですが、実はその逆です。水分が不足していると体が水分を溜め込もうとします。むくみが気になる方こそ、こまめな水分補給を心掛けましょう。 水分をとっているのに体がむくむという方は、体を冷やさないようにすること、筋肉量を増やしたり体を動かすこと、塩分のとりすぎなどに気をつけてみてください。 こんな時に水を飲もう 1、起床時 睡眠中は唾液が減り口内が乾燥するため、口の中で雑菌が繁殖をしやすいです。起きたらまず歯を磨き、口の中を綺麗にしてから水を飲みましょう。 2、運動前後 運動する前にしっかり水分補給をすることで、運動のパフォーマンスを上げ、怪我を防止したり、熱中症や脱水症状を防ぐことができます。運動中もこまめに水分補給をし、運動後は失った水分を少しづつ補うように水を飲みましょう。 汗をかくと水分と一緒に電解質も出ていきます。電解質のバランスが崩れると、頭痛や吐き気、めまいなどの症状が現れます。 *電解質とは、血管、細胞、神経、筋肉などの動きの調節に必要なミネラルのこと。ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンなど。 3、食事の間 食事中や食後に水分をとりすぎると、胃酸が薄まり、消化が上手くできなくなってしまうことがあります。食べ物にも水分は含まれています。食事中の水分補給は、必要な量だけにしましょう。 4、外出時 1日を通して、こまめに水分補給することが大切ですが、外出時は飲み物が手元になかったり、トイレに行くことを気にして、水分を十分とれないことがあります。 荷物が増えてしまいますが、外出時にはウォーターボトルを持ち歩いたり、外出前や飲める時に水分をしっかりとるように気をつけるようにしましょう。 5、寝る前 寝る前に水分をとりすぎると、夜中にトイレに行きたくなり、睡眠の質を下げてしまうこともあります。寝る直前に水分を飲みすぎない程度に、水分をとりましょう。 どれくらい飲めば良い? 1日に1、2リットル〜1、5リットルほどの水を飲むと良いと言われています。食事にも水分は含まれており、体内でも少量作られます。

【レシピ】おうちで簡単!腸内環境を整えるココアミックス

チョコレートは好きですか?私はカカオの香りや味が大好きです! チョコレートやカカオを使って作られたスイーツは、そこら中で簡単に手に入れることができます。しかし、残念なことに、市販のココアやチョコレートの成分の多くは砂糖や乳製品、質の悪い植物油で、実はカカオがほとんど入っていないなんてことは珍しくありません。それでだけなく、住んでいる地域やお店によっては、保存料、人工甘味料、香料などの添加物の含まれていないものを探すのは一苦労なんてことも。 チョコレートやココアを自分で作れば、砂糖の量や質を自分好みに調整することができます。不必要な添加物を避け、栄養価の高い、からだも心も喜ぶスイーツやドリンクができます。何が入っているかわかると安心ですし、美味しいだけでなく栄養もとれてしまうなんて、良いこと尽くしです! 腸内環境も整える?!カカオパウダーの栄養価 カカオパウダーには、抗酸化作用や抗炎症作用を持つポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには、腸内環境を整えるプレバイオティクスとしての働きもあり、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らしてくれることもわかっています。 ブルーベリーでポジティブ思考に!ポリフェノールと腸内細菌の関係 さらに、カカオには女性に嬉しいマグネシウムや亜鉛、鉄分などの栄養素も含まれています。 Wellness To Go アプリには、こんな栄養たっぷりのカカオを使ったレシピがたくさん載っています。自分で作ると聞くと、何だかとても大変そうに聞こえますが、材料さえそろえてしまえば驚くほど簡単に美味しくヘルシーなスイーツを作ることができます。 腸内環境を整える本物のホットココアミックス 今回は、体にも心にも優しいホットココアミックスのレシピを紹介します。可愛い瓶や袋に入れて、プレゼントにするのもおすすめです^^ ホームメイドココアミックスレシピ 材料 カカオパウダー 1/2カップ 甜菜糖 1/2カップ (きび砂糖、黒糖、ココナッツシュガー、デーツシュガーなどでも良い) 自然塩 小さじ1/2 【トッピング】 チョコレートチップ マシュマロ 【アレンジ】 シナモンパウダー、チリパウダー(ピリ辛)、ジンジャーパウダーなどを気分で加えても美味しいです! ココナッツシュガー、デーツシュガーを使うと、甘さ控えめにできます。 仕上げにバニラエッセンスを数的たらしても! 作り方 1、トッピング以外の全ての材料を混ぜ、瓶に入れる。 2、上にトッピングをのせ、蓋をする。 飲み方 1、1/4カップの水の入ったお鍋を火にかけ、ココアミックス大さじ2を溶かす。

ハーブとスパイスに驚くべき作用!食べ過ぎの時の消化を助けるキヌアサラダ

外食が続いて少し胃がもたれている…なんていう時、以前ご紹介したキヌアを使ったちょっとヘルシーなレシピを紹介します。 料理は嫌いではないのですが、かなりレパートリーが少ないので、ポットラックパーティーになると頭をひねってレシピを考えるのですが、このキヌアサラダはヘルシーだし、見た目も綺麗だし、ポットラックや、ホームパーティーの時にも好評です。 ライムとクミン、パクチーで風味たっぷり消化を助けるキヌアサラダ 用意するもの ・こちらの炊き方で炊いたふわっふわなキヌア 2−3カップ ・赤パプリカ 1つ、小さい四角にきる (入れたい野菜、きゅうりやブロッコリー小さく切ってなんでもありです) ・シラントロ(パクチー、香菜とも言う、コリアンダーとの違いは後述)5-6本 好きなだけ、適当な大きさに切る ・ひよこ豆(Chick pea)1缶 なくてもよい ・クランベリー ・砕いたアーモンド [ドレッシング] ・エクストラバージンオリーブオイル 1/4カップ ・ライム汁 1個 ・クミンパウダー 小さじ1 ・塩 小さじ1/2 ・酢 少 ドレッシングの材料は混ぜておきます。 作り方 用意したものを混ぜるだけ! 消化を助けるライム、クミンシード、パクチー ドレッシングに使っているライムは、ビタミンCをたっぷり含んでいます。 ビタミンCといえば、抗酸化作用が高く、免疫力もアップ!その他にも消化を助け、膨満感を和らげる作用もあるのです。 クミンパウダー(クミンシードを挽いたもの)はメキシカンフードや、インディアンフードによく使われているパンチの効いたスパイスです。辛くはありません。 5000年前からエジプトで食事のスパイスとして使用された他、ミイラを作る時にも使用されたそうです。 古代から使用されているスパイスは必ずと言っていいほど、健康に対する医学効果があります。古代の人の知恵ですよね。 クミンは胸焼けや腹部膨満感の治療に使用されていました。 消化不良を和らげ、食欲増進する効果があります。 鉄分も多く、ミネラルも豊富で、これまた抗酸化作用も高いという報告もされています。