home
/ BodyLIFESTYLEYOGA&BODY
/ 太もも前の張りの原因と改善方法で、むくみ知らずに脚になろう!

太もも前の張りの原因と改善方法で、むくみ知らずに脚になろう!

aral tasher

「太もも前面の張りに効くヨガはありますか?」

という質問をよくもらいます。

太もも前面の張りというのが、
運動をしていて、太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)が強くなって
張っている感じがするのか、

それとも、
大腿前面の筋肉が伸ばされたままや、縮んだままの姿勢が続き、
使われなくなり、血流が悪くなり、むくみのように張っている
感じがするのか。

という2つの状態があると思いますが、
多くの女性は、後者なのかなぁって思います。

▼太もも前面の筋肉を鍛える重要性▼

まず、強い太もも前面を鍛えることはとても大事です。

太ももの前面の筋肉(大腿四頭筋)は、お尻とともに、
体の中でも一番パワフルな筋肉と思ってください。
太もも前面の筋肉の一番の役割は、

膝を曲げたり伸ばしたりすること。

日常生活にも、どんなスポーツをするにも必ず使う行為です。

ですから大腿四頭筋を鍛えてあげることで、以下のような体に良いことが起こります。

大腿四頭筋を鍛えてあげることで起こる良いこと
1、膝の安定が得て、体全体のバランス感覚を良くする
2、着地した時の体への衝撃を吸収する
3、膝への負担を減らし、関節炎や年齢による消耗を防ぐ
4、骨盤を安定させる
5、膝の上のたるみを取り除く!(ある程度)

▼大腿前面の筋肉動かされずに、血流が悪くなり、むくみのように太もも前が張る場合もまずは筋肉を使ってあげましょう▼

こちらのブログの絵のように、
スウェイバック・猫背+反り腰・フラットバック
など、良く見られる姿勢で、太もも前面は弱くなってたるんだり、短くなって硬くなったりします。

こりかたまった筋肉は、とにかく伸ばしてあげる!だけではなくて、
使ってあげることも大事です。

使ってあげるため、ヨガのスタンディングのポーズ(戦士のポーズ1、2)
やバランスのポーズ(木のポーズ、戦士のポーズ3)は最適です。

こちらのような全身のヨガのあとに、

太ももを伸ばしてあげるヨガなんかをやるといいかなぁと思います。

このヨガは夜寝る前にも最適なので、ぜひやってみてくださいね!

太もも前面を程よく鍛えて、むくみのない脚にしていこー!

運動でもう十分鍛えている人は、このマッサージがおすすめです。

– YouTubeチャンネルで無料ヨガ動画、ウェルネスTipsを配信しています!
10-20分でおうちでできるヨガを習慣にしていきませんか?
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします。

– バンクーバーでヨガクラス開催しています
お気軽にお問いあわせください。

Body, LIFESTYLE, YOGA&BODY

aral tasher
いいねしよう!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
About Wellness To Go by Arisa

ウェルネスとは、「より豊かに生きるための方法や過程。そのために意識、気づきを高め、学び、チャレンジしていくこと」。“To go” は“お持ち帰り”という意味です。
このサイトに遊びにきてくれた人が、ピンときた情報を “お持ち帰り”して、1日5分でも10分でも忙しい日常から立ち止まって、自分と向き合う時間を作り、カラダとココロの状態に気づいたり、リラックスするヒントになったら最高です。皆さんのウェルネスの旅をここから一緒に始めていきましょう!

Read More