home
/ MIND
/ 幸せはたどり着く場所ではなく、生きかたである

幸せはたどり着く場所ではなく、生きかたである

happiness

幸せはたどり着く場所ではなく、生きかたである。

旦那さんと2人して、朝10時まで寝たゆっくりな日曜の朝。

録画してあったテレビシリーズ『”State of Play” : Happiness』by HBO Sport を彼が見ていた。
何となく興味のある”Happiness”という言葉が見えたから、コーヒーを片手に旦那さんの隣に座って一緒に見た。

今までの私のブログのタイトルを見ていると、”幸せ” ”人間関係”なーんていうタイトルが多いことに気づいた。私のテーマなのかな。

日本にいた時は”外因的要因”からの幸せ”しか知らなかった私は、8年前にバンクーバーに来てから本当の幸せについて考えることが多くなり、そのての本や映画は興味がある。

そのエピソードでは、NFLフットボールプレーヤーと彼らの引退後がとりあげられていた。

日本ではあまり馴染みのないアメフトだけど、NFL player の平均年収は5億以上で、北米大人気のスポーツなので、その選手なんて言ったら一般で言う”大成功”を手にいれている人達。

でも選手がリタイアした後、多くがうつ病になるという。
これは、フットボールプレーヤーに限らず多くのアスリートに共通するらしい。


「コミュニティー、何かに所属しているという感覚を失う」

ことが、彼らがうつ状態になる原因の一つだという。
チームで戦うスポーツは、チームメイトとつながり、一緒に成長し、目標に突き進んでいく。お互いを励ましあい、助け合っていく。

コミュニティーを失った時、人はうつ状態になるという。


・人とつながること

・人に貢献すること、助けること
・自身の成長

この3つは、人間が幸せに生きていくのに必要であると言われている。

合わせて読んでね。

【研究結果で明らかに!健康で幸せな人生を送るために欠かせないもの】

会社をリタイアする時、倒産、離婚、愛する人との別れや死別、病気…
人生の大きな出来事で、生きる気力をなくしたり、途方にくれたり。そんなことは絶対にある。
完全に戻るのに平均3−5年はかかるという。
元の状態に戻る人もいるし、戻らない人もいる。元の状態以上に自分を成長させる人もいる。

でも人生の荒波の真っ只中でも、『喜び、Joy』を感じる練習をしていく。
そういう時でも人と繋がったり、人を助けたり、小さいことに感謝したりしていって、幸せを感じることはできる。

もっとお金があったら幸せなのに。
素敵なパートナーがいたら、結婚ができたら、子供がいたらor いなかったら幸せなのに。
仕事で成功したら幸せなのに。
体重が減ったらいいのにな。

欲望は人間のエネルギーになるものだから必要だと思う。

でも「それを手に入れたら幸せ」だと思ったらそれは違う。

幸せはたどり着く場所ではなく、生き方。

大好きな映画です!

幸せに関しての関連記事

- 【動画】 辛い状況から復活する方法

【動画】幸福度をアップしてく方法 心から人に与えよう

– 【研究結果であきらかに!】健康で幸せな人生を送るために欠かせないもの

– ハッピーに生きる鍵☆「レジリエント」になる方法

– Happyな人達がしている6つのこと

LINEお引越し企画!

7日間で自分を知る!質問エクササイズプレゼント!

自分に質問上手になることは、幸せに豊かに過ごす鍵です。新しい公式LINEとお友達になってくださると、【自分を知る!7DAY 質問エクササイズ】と【朝夜ルーティンジャーナルPDF】をプレゼントします。

友だち追加

LINE

MIND

happiness
いいねしよう!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
About Wellness To Go by Arisa

ウェルネスとは、「より豊かに生きるための方法や過程。そのために意識、気づきを高め、学び、チャレンジしていくこと」。“To go” は“お持ち帰り”という意味です。
このサイトに遊びにきてくれた人が、ピンときた情報を “お持ち帰り”して、1日5分でも10分でも忙しい日常から立ち止まって、自分と向き合う時間を作り、カラダとココロの状態に気づいたり、リラックスするヒントになったら最高です。皆さんのウェルネスの旅をここから一緒に始めていきましょう!

Read More