home
/ Beauty
/ 【ヘアケアの疑問を解決!】プロおすすめ!自宅でできるヘアケアのポイント

【ヘアケアの疑問を解決!】プロおすすめ!自宅でできるヘアケアのポイント

ヘアケア

この記事を書いた人
美容師 Hitomi

皆さんは毎日のヘアケアで悩みはありますか?

美しい髪を維持することで一番大切な事はシャンプー選びです‼

シャンプーは大きく分けると三種類の成分に分けることができます。

高級アルコールシャンプー、石鹼シャンプー、アミノ酸系シャンプーです。

市販で販売されていて手に入りすいものに多いものは高級アルコール系シャンプーです。高級という言葉が使われていますが、高級な原料を使っているわけではありません。炭素などの強い洗浄力成分が配合されているという意味なのです。ラウリル硫酸ナトリウムやラウリル硫酸アンモニウムなどが配合されています。

これらを使用すると洗浄力が高いわりにコストが低いので、市販のシャンプーでは当たり前のように使われています。安価で手に入れられ、香料も入っているので香りを楽しむことも出来ます。しかし、洗浄力が強い分、頭皮や髪への刺激やダメージになってしまうので長期間の使用はおすすめしません。

石鹼シャンプーは石油系の合成界面活性剤が含まれていないので高級アルコールシャンプーと比較すると頭皮への刺激は少ないのですが、アルカリ性のものが多いので、洗浄力が強く皮脂を取りすぎ、頭皮が乾燥したり髪がきしんでしまう心配があります。

頭皮や髪の事を考えるならアミノ酸系シャンプーそしてノンシリコンを選ぶことをおすすめします。

アミノ酸系シャンプーとは、アミノ酸系洗浄成分を配合したシャンプーのことです。人間の皮膚や髪のタンパク質を構成するアミノ酸と同じ成分でできていて、しかも肌と同じ弱酸性なので、髪や頭皮に優しいのが特徴です。汚れだけを落とし、肌の中のうるおい成分は残してくれます。成分表に「ココイル~」「ラウロイル~」と表記されているので購入する前にボトルの裏を見てから選んでみてください。

シリコンとは酸素とケイ素、有機基が結びついて作られる有機化合物のことで髪に被膜を作りコーティングし、指通りを滑らかにすることができます。

パーマやカラーリングの繰り返しで指が通らないほど傷んでしまっている髪の毛にはシリコン成分が入ったトリートメントの力を一時的に借りるのはいいと思います。

しかし、その反面、毛穴を詰まらせ頭皮や髪に悪影響を与えてしまう心配もあります。

パーマやカラーリング剤をはじいてしまいイメージ通りの施術ができないケースもありますので、シャンプーはノンシリコンをオススメします。

ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーを使い続けているうちに髪の乾燥が無くなり指通り良くなってくることも十分考えられるので素髪の状態を楽しんでみて下さい。

シャンプーの後のトリートメントやコンディショナーは必ず必要?

この答えはNOです。高級アルコール系シャンプーなどでシャンプーをした後は本来、弱酸性であるはずの髪がアルカリ性にかたむく為に弱酸性に戻してあげる必要があります。その為にトリートメントやコンディショナーをしなくてはいけません。しかし、アミノ酸系シャンプーなどの弱酸性シャンプーで洗っている場合は必ずしも必要ではありません。

ショートヘアでオイリータイプの方、健康毛の方はシャンプーだけでも十分です。ヘアケアで大切なのは頭皮や髪を清潔に保つこと。幼い子供さんの髪を想像してみてください。濡れていると、きしみがあり、引っかかりがあるのですが、乾くと艶がありサラサラとしていませんか?あの状態が理想の素髪の状態なんです!

パーマやカラーリングのダメージ、ロングヘアなどで傷みがある場合は頭皮以外の毛先をメインにトリートメントや洗い流さないタイプのトリートメント(ミスト、クリーム、オイルタイプがあります)を使いヘアケアされるのがオススメです。

髪は濡れているとキューティクルがはがれやすく非常に傷みやすいです。シャンプーやトリートメントをする時は出来るだけ耳に水が入らないように気をつけながら、うつむかずに頭を起こした状態で流すようにしてください。

美容師オススメ!市販のノンシリコン、アミノ酸系シャンプー&トリートメント

ザ パブリック オーガニック シャンプー & トリートメント しっとり 保湿 お試し容量セット

BOTANIST (ボタニスト) ボタニカル シャンプー トリートメント 【モイスト】 ノンシリコン しっとり髪

オーガニックワークス ヘアオイル メンズ レディース 洗い流さないトリートメント

【使用例】

〇頭皮オイリー、ノーマルタイプで健康毛→シャンプーのみ

〇頭皮オイリータイプで乾燥、ダメージ毛→シャンプー&洗い流さないトリートメント

〇頭皮ノーマル、ドライタイプで乾燥、ダメージ毛→シャンプー&トリートメント&洗い流さないトリートメント

頭皮オイリータイプの方でべたつきや臭いが気になる場合は二度洗いがオススメです。

また毎日シャンプーしているのに頭が痒い方、フケが出る方は必要以上に頭皮の脂を取ってしまっている可能性があります。アミノ酸系シャンプーで頭皮、頭髪に合ったシャンプーで洗って頂いているうちに改善してくるかもしれません。

痒みがひどい場合は一時的に薬用シャンプーを使ってみると改善するかもしれません。しかし長期間の使用は髪のパサつきの原因になるかもしれないので気を付けて下さい。

ダメージ毛の方は優しい洗いあがりのアミノ酸系シャンプーとケラチンタンパク質などの毛髪補修成分が入ったトリートメントをオススメします。

ダメージ毛はキューティクルが薄くなっていてうるおい成分や水分を保持するのは難しく、すぐに乾燥してしまいます。

加えて洗い流さないトリートメントをつけて髪をドライヤーや乾燥から守りましょう。

シャンプーしたらすぐにドライヤーで乾かす必要はありますか?

この答えはケースバイケースです。

すぐに寝る、冬などに濡れ髪のままでいると体が冷えると言った場合以外はすぐでなくても構いません。ショートヘアや乾きやすい髪質なら自然乾燥でも大丈夫です。髪は濡れているとキューティクルが開いていて刺激にとても弱いです。ブラシの摩擦などでキューティクルがはがれダメージの原因になりやすいです。

乾かす時は頭に近づけすぎないように気を付け、地肌と根元をまず乾かし、襟足付近、中間、毛先の順番で乾かして下さい。くせ毛をブローで伸ばす場合は余りベタベタに湿ってる状態からブラシを入れず、ある程度乾き始めてからブラシを使いブローして頂けると傷みを最小限に抑えることができます。

ブローせず、乾かすのが目的なら、完全に乾かさなくても、寝るまでに乾いていれば大丈夫です。毛髪は乾いていると、とても丈夫ですが濡れていると摩擦にとても弱いです。

枕による摩擦、髪留めやヘアゴムなどの使用は乾かしてからにして頂けると安心です。

まとめ

ヘアケアの話は奥が深いです。その人それぞれの髪質でもケア方法が違います。

パーマ、カラーリング、体調の変化などで髪の状態は日々変化します。

もっと知りたいことがありましたら、インスタグラムのDMや公式LINEでもぜひお気軽に疑問を投げかけてくださいね‼

Beauty

ヘアケア
いいねしよう!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
About Wellness To Go by Arisa

ウェルネスとは、「より豊かに生きるための方法や過程。そのために意識、気づきを高め、学び、チャレンジしていくこと」。“To go” は“お持ち帰り”という意味です。
このサイトに遊びにきてくれた人が、ピンときた情報を “お持ち帰り”して、1日5分でも10分でも忙しい日常から立ち止まって、自分と向き合う時間を作り、カラダとココロの状態に気づいたり、リラックスするヒントになったら最高です。皆さんのウェルネスの旅をここから一緒に始めていきましょう!

Read More