夏を乗り切る「グラウンディング」マスターになろう!

ビーチを素足で歩く女性

Mouri yuka

この記事を書いた人 
ヨガ瞑想インストラクター/ナース
もうり ゆか

こんにちは!ヨガ瞑想インストラクター/ナースのゆかです。

あなたは、自然の中で過ごすことは好きですか?

思い出のある場所、好きな季節、感動の景色、自然の壮大さの中で小さな自分を感じるひととき、その一つ一つは、かけがえのない経験ですね。

今日は、忙しい毎日から解放されて、心身のバランスを取り戻すための「グラウンディング(grounding)」について詳しくお話します。

日常生活に簡単に取り入れられるので、ストレスフルな生活にぜひ役立ててみてください。

積み重ねた石

グラウンディング(grounding)とは?

まずはグラウンディングについて知る

グラウンディング(grounding)とは、「心身」を「地球や自然」と結びつけることで、精神的・肉体的な安定を図ることです。

裸足で地面を感じる方法が一般的ですが、ヨガや瞑想、心理療法としても取り入れています。

グラウンディングはこれらの実践をサポートし、より深いリラクゼーションに導かれることを実感できます。

また、ストレスの多い現代社会では、努力や我慢で自分の感覚に蓋をしてしまうことがあります。

その影響が、心身の不調として現れる前に自分が何を感じているのか普段から気づいていくことは大切です。

グラウンディングは、特に心の穏やかさや集中力のアップを目指す方にとって非常に注目されています。

エネルギーの流れとアーシング

私たちの身体は、微弱な電気信号を使って活動しています。

心臓や呼吸、身体を動かす筋肉や精神活動など、生命を維持する活動に関わります。

そして、地球は、巨大な磁石のような電磁場であり、地面の表面には負の電荷が存在します。

グラウンディングは、大地に触れて体内に溜まった電荷を放電することで、その結果、体内のエネルギーバランスが整うとされています。

このためグラウンディングは、アース(earth)の意味する「接地」から、「アーシング(earthing)」と呼ばれることもあります。

ヨガとグラウンディング

ヨガにおけるグラウンディングは、必ずしも地面の上とは限りません。

物理的な地面への接触がない場合であっても、接地面から精神的、エネルギー的な安定感とバランスを感じることを指します。

身体の感覚に集中し、呼吸を調整し、意識的に瞑想することで、内面的なグラウンディングを強化することができます。

ヨガのポーズとエネルギーの流れに注意を払うことも、グラウンディングの感覚を深める助けとなります。

こんな時にするのがオススメ

グラウンディングは、こんな気持ちや状況のときにするのがおすすめです。

1. 気持ちが落ち着かず、不安やイライラが続く

2. 仕事や日常生活で集中力が続かない

3. 疲れやすく、体のエネルギーが不足している感じがする。

引き寄せ力を身につけたい時、なんていうのもあるかもしれません。

こんな時にはぜひグラウンディングを試してみていただきたい!その理由は次の章でお話します。

グラウンディングの効果

非常に多くの効果が期待できるグラウンディングですが、今回は、代表的な3つをご紹介します。

芝生に寝そべる女性

効果1 心身の安定

グラウンディングを行うことで、精神的な混乱や不安を軽減し、心を落ち着けることができます。

特に仕事や家庭生活でタスクが多い女性にとって、自分自身を落ち着かせるために有効な方法です。

効果2 集中力の向上

日常生活における多忙なスケジュールの中でも、グラウンディングは意識を「今」に集中する助けとなります。

意識を「今」に集中することは、目の前にある事実を観る感覚を育むことができます。

様々な思考や感情に振り回されずに、自分がやりたいことに集中する力は、判断が速くなる、作業効率が高まるなどの効果も期待できます。

効果3 ストレス軽減

グラウンディングはストレスケアとしても有効です。

呼吸法や瞑想と組み合わせることで、ストレスホルモンの分泌が減少し、心身のリラクゼーションが促進されます。

どうやるの?グラウンディングの方法

素足で土の上を歩く女性の足

基本的なグラウンディングの「やり方」

では次に、具体的なグラウンディングのやり方とそのコツをご紹介しましょう。

立つ:裸足で芝生や土の上、砂浜などに立ち、足の裏全体を地面にしっかりとつけます。

足裏を感じる:足の裏には、感覚を感じるセンサーが多く在ります。接地面の凹凸や温度、固さ、ザラザラ、ツルツルなど出来るだけ多くの感覚を繊細に感じてみます。地面が安定している場所であれば、目を瞑ってみるのも良いでしょう。 

呼吸に集中する:ゆっくりと深呼吸し、地面からエネルギーが足を通して体全体に流れたあと、地面の奥深くへ流れるイメージを持ちます。これを好きなだけ繰り返します。

水中や座るのもあり!様々な場所やシーンでやってみる

グラウンディングのやり方がわかったら、次はシーンを変えていろいろな場所でやってみましょう。

裸足で歩く:裸足になり、足の裏の感触を感じながら歩いてみましょう。水の中を歩くのも良いですね。ケガなどが心配な方には、アーシングサンダルというのもあるようです。

地面に座る:自然の中のお気に入りの場所を見つけ、地面に座ることでも同じようにグラウンディングができます。どんな座り方でもOKですが、背筋が伸びて、程よく肩の力が抜けていると、座面が安定し、より呼吸が深まりやすくなります。

ヨガとグラウンディング:ヨガのポーズもグラウンディングをするのに役立ちます。特に「山のポーズ」や「木のポーズ」は、地面とのつながりを強く感じることができるポーズです。ポーズをとる際に、体の中心軸を意識すると自然な揺れの中でも安定感を感じることができるでしょう。また、ヨガの最後に仰向けで寝そべるポーズ「シャバアーサナ」で、呼吸と共に地面へ重く吸い込まれるような感覚を体験したことはありませんか?室内であっても大地をイメージしたり、身体の緊張を緩めることで、グラウンディングと同様の効果が期待できます。

寝ながらもOK!日常生活の中でやってみる

だんだんグラウンディングに慣れてきたら、日常生活の中にも取り入れてみましょう。

通勤中に:数分間だけでも足元を感じるように意識する。

仕事の合間に:可能なら靴を脱ぎ、床に足を着けて、深呼吸をする。

寝る前に:横になり、床やマットへの接地面を感じて、深呼吸をする。


やりたいけれどグラウンディングができていない人、よくわかります。

わざわざグラウンディングの時間を作ろうとするのは、忙しい私たちには時にむずかしい。

ですが例えば、こんな風に日常の習慣や生活の流れの中に取り込んでいくのはどうでしょう。

寝ながら・・・なんていうのもありだと、気負わずにグラウンディングを続けていかれる気がしてきませんか!?

まとめ

グラウンディングは、現代のストレスフルな生活において心身の安定を図るための有効な手段です。

特に、健康やマインド、ヘルシー思考を重視する女性にとって、日常生活に簡単に取り入れることができ、瞑想やヨガと組み合わせることでさらに効果を高めることができます。

自然とのつながりを意識することで、エネルギーバランスを整え、心身の健康を維持したいですね。

ただし、グラウンディングは病気を治すためのものではなく、過度に期待しないことが大切です。

自然の中の過ごし方のひとつとしてグラウンディングを活用し、夏を健康的に乗り切る「グラウンディング」を是非、マスターしましょう。

Body

ビーチを素足で歩く女性
いいねしよう!
この記事が気に入ったら
いいねしよう!
最新記事をお届けします。
About Wellness To Go by Arisa

ウェルネスとは、「より豊かに生きるための方法や過程。そのために意識、気づきを高め、学び、チャレンジしていくこと」。“To go” は“お持ち帰り”という意味です。
このサイトに遊びにきてくれた人が、ピンときた情報を “お持ち帰り”して、1日5分でも10分でも忙しい日常から立ち止まって、自分と向き合う時間を作り、カラダとココロの状態に気づいたり、リラックスするヒントになったら最高です。皆さんのウェルネスの旅をここから一緒に始めていきましょう!

Read More