Mind

【他人軸】から【自分軸】への変化。 摂食障害になってしまった私の経験談 1Mind

【他人軸】から【自分軸】への変化。 摂食障害になってしまった私の経験談

この記事を書いた人 カナダのバンクーバー在住一児の母 Kanna   皆さんはダイエットをしたことはありますか? 自分の容姿に自信がない人はいませんか? 最近はSNSで綺麗な人や可愛い人を簡単に見つけられる時代ですね。 この人のようになりたい!という憧れの人もいるのではないのでしょうか? たくさんの情報や刺激がある現代社会を生きていると 自然と自分が他者からの影響を受けていることに気づかないこともあります。 ダイエットを誰のためにやっているのか?何のためにやっているのか? 自分に問いかけながら読んでいって下さい。 みなさんがダイエットをしたい理由はなんですか? 当時の私は ・デブと言ってきた人たちを見返したい ・水着が似合う体になりたい ・周りのみんなが細いから ・デブと言われたから ・痩せていることが見た目もいいと思うから という理由でした。 これらは自分の意思ではなく他人がいるからできる理由です。 周りのプレッシャーを受けたり評価されることはいい刺激でもあり、ストレスにもなります。 高校生だった私は明るい性格でいじられキャラでした。 デブといじられることに対して受け流し切れていなかったのかもしれません。 人それぞれ体型に関する悩みを抱えているかもしれませんが、それは自分のために改善したいものなのか、それとも他人からの目や言われたことから生まれた悩みなのかを改めて考えて欲しいなと感じます。 私は過去にそれが出来ずに痩せて誰かに評価されたいとばかり思っていました。 摂食障害は身近なもの⁉ 私は昔、いろいろなダイエット方法を試したことがあります。 痩せるサプリメント、レッグマジック、麺棒マッサージ、朝バナナダイエット、断食、ランニング、夜ご飯18時まで。 きっとまだあります(笑) 高校2年生の頃に始まった摂食障害。 食べるのが大好きな私は 「食べるのはやめたくない! じゃあ食べたことをなかったことにしたらいいんだ!」 という安易な考えから過食嘔吐に数年間悩まされることになりました。 摂食障害という言葉は聞いたことはありましたが、それは当時テレビで取り上げられる拒食症だけかと思っていました。 私のダイエットのきっかけは中学の部活引退後から少しずつ体重が増えてきたなと思い、高校からスカート短くなるし痩せたいなと意識し始めました。 しかし私は食べることに幸せを感じていたのでなかなかダイエットは成功せず、リバウンドもしたことがあります。 摂食障害がやめられなくなる前にどうにかしなければと一人で抱え込むことに限界を感じ、親友に相談し、それから母親に泣きながらヘルプを求め、病院に行くことに。 しかし病院では何か他に趣味を見つけるといいよと助言され、たくさん食べそうになった時用に精神安定剤みたいなものをもらいましたが、効いている気がせず、病院の先生に相談してもやめられない自分にもっと嫌気がさしていました。 食べることが好きだった私が、食べることに恐怖を感じていました。 たくさん食べないようにしようと思っていても、いざ食べ始めたらスイッチが入って過食をしてしまい、コントロールが出来ない状況でした。ひどい時は体重をいちいち食べる毎に量ったり、唾を飲み込むのも体重が増えると思ってしまったり、一人の時は泣きながらご飯を食べていました。 もうあの日々には戻りたくありません(泣) 摂食障害が少し落ち着いてきたときに数人の友人に話した時経験している人もいました。 食べ物を食べられなくなった人や、私と同じで過食嘔吐をしてしまう人。 みんな言っていないだけで摂食障害は身近に潜んでいるのかもしれません。 私が摂食障害を克服できたきっかけ 徐々に自分の考え方が変わっていったのが1番の理由で、過食をする回数が減ってきました。 ①気を遣う性格だった私から、自分のやりたいようにやる性格になったこと 過去の私の性格は ・争いごとが嫌いでいつも中間に入る役 ・気を使いがちな八方美人 ・自分の心の中で思っている意見を言わない ・いじられキャラ でした。 誰かによく見られようとするのをやめたら生きやすくなりました。 自分がやってみたいことを公言することで応援され、それで自己表現もたくさんできるように! ②他人からの視線を気にせず生活できるようになったこと 胸が大きいこと、体格がいいこと、そばかすを今までコンプレックスに感じている時もありました。でも案外他の人って自分のことを見ていないということに気づきました。 私たちは今自分の人生を謳歌しているはずですよね?それなのに他人に言われたことを気にして生きていては疲れてしまいます。 他人のいいところを見つけるのは素晴らしいことですが、それを自分と比較しないようにしています。 ③私が体格がいいことで誰かに迷惑をかけたことがないこと(笑) 太りすぎで医師から減量しなさいと言われたこともなく、誰かの大切なものを自分の体重のせいで押しつぶして壊したりしたこともないのに、なぜデブといじられなければならなかったのか今では疑問に感じます。 昔も明るい性格と言われていましたが、今はもっとポジティブな考えを持っています。 なんでもプラスに捉えられるようになりました。 ④自分の周りの仲良しの友達や家族が体型に関して何も言ってこないこと 体型をいじられることがほぼなくなりました。 他人のことを面白おかしく言って笑いの対象にしたり、頑張っている人に対して無理だよと言う人はきっと世の中にいるかもしれません。その人達の言動一つで自分の行動に制限をかけることはもったいないと気づきました。 最後に 今の体型は昔とほとんど変わっていませんし、買い物に行って着られない服がある時にここのお肉がなければなと思うことはあります。しかし、今の自分の体型に悲観的になってストレスになることはありません。 他人に何かを言われたり評価されることを気にしすぎる【他人軸】で自分らしさを失う人が減りますように。 【自分軸】で自分が本当にやりたいこと(仕事やプライベート)を出来るように私もまだまだ勉強や努力が必要ですが、マイペースにやっていこうと思います。 昔私は自分の事を本当に好きではありませんでした。 だから痩せて自信を持ちたいと思うようになったり、痩せられない自分を嫌いになったりもしました。 今はありのままの自分を受け入れ、自分の性格も理解し、自分のいいところ、直したい所がわかるようになりました。 これを読んだ皆さんに質問です。 【あなたの好きなところは何ですか?5つ考えてみて下さい。】 忙しい日々で自分と向き合うことを忘れないように、自分の体と心に感謝しながら過ごしていきましょうね。 最後まで読んでいただき有難うございました。     ホリスティック栄養士によるミニ栄養学オンライン講座 1週間の期間限定販売です。 1、血糖コントロールと体重管理 2、睡眠とホルモンバランス 3、脂質と美容とアンチエイジング 3つのワークショップ、ご興味のあるものをひとつ、もしくはまとめてお申し込みいただけます。 (↓ 写真をクリックしていただくとリンクにとびます ↓) LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。 『Self-Love を育てる5つのステップ』動画、プレゼントしています!

言葉の力は人生をも変える⁈Mind

言葉の力は人生をも変える⁈

この記事を書いた人 一般社団法人アンガーマネジメントジャパン実践リーダー・パーソナルコーディネーター 渥美 里江子   言葉の力ってものすごく強大で、中には人生を左右するような言葉だってあり得る。 以前テレビ番組で見たのですが、変わった名前のせいでいじめられていたという男性、ある人との出会いで人生が変わります。名前のせいで赤面症にまでなってしまっていたこの男性が就職活動で出会った面接官は、 「あなたの名前はあなたの武器!一度でみんながあなたの名前を覚えるのだからその名前はアピールポイント!」 だと言ったそう。 その後、この男性は赤面症も克服してアナウンサーになったというお話でした。 この、面接の短い時間に初対面の方に言われた言葉が人生も左右するとは..と衝撃を受けたのを覚えています。 出来事は見方・捉え方次第 考えてみれば、言葉の力って確かに強大でこわい。 私が幼い頃に親に言われた嫌なワードをそれ以降もずっと覚えていて、引きずっていたりするのですから恐ろしいですよね。 人間はどうしてもネガティブな事にフォーカスしてしまう。 その事を知ってから、ネガティブワードにフォーカスしている自分を冷静に観察することが出来るようになりました。 最近は昔ネガティブな事を言われたけれど、こんないい事も言われたな・・とかこんなこともしてもらったなと感謝できることを数えてみたりしています。 嫌な場面を思い出してしまうとき、そのようにすると気持ちが楽になりました。 このように同じ出来事が起こっても、見方を変える・捉え方次第で人生が良い方向にも悪い方向にも変わっていく。 このことは毎日の小さな出来事にも共通する事で、自分の考え方のくせだったり傾向を知って気づき、考えの幅を広げて少しずつ変えていく→認知の変容が大切です。 人生を変える魔法は無いけれど、これまでの人生で失敗も多くしたけれど、これからはほんの少しでも、明るくなるようなポジティブな言葉を伝えていきたい。といいながら、可愛い娘に毎日尽くしているのに、ほんの少しの私のネガティブワードにフォーカスされてびっくりしたことがありました。笑 こんなに尽くしているのに、そこにフォーカスしちゃう⁈って落ち込んだりするのですが、私も両親に同じことを言っているのかな・・とか反省したりして子供に成長させられています。 脳の働きを活かしてネガティブ感情を弱めよう このように言葉は人に与える影響が大きいので、特にイライラした時には、売り言葉に買い言葉のような発言をなるべく避けたいですよね。 せっかく人間が持っている進化脳(考える脳)の働きを最大限に活用するため、論理的に考える前頭葉が働きだすと言われる3~5秒、いや、私はこの時間では切り替えられないので10秒くらいを意識して、瞑想の時の呼吸法などで少し時間を稼いで、間を取って冷静に戻ってから発言をするように普段から意識をして練習を重ねています。 イライラの感情などは時間を稼いで無くなるようなものではありませんが、気付いて少し弱める・小さくするイメージです。   そして愛する大切な人のその心に、伝えたい大切なワード、子どもには親にこう言ってほしかったと自分が思うワードなど、私は子どもに「あなたは存在しているだけで特別」何度もそう伝えることで、将来困難に遭った時にふと思い出してくれたらいいな。という想いで何度も何度も繰り返し、めげずに(笑)伝えていきたいと思っています。 どんな言葉を発して、どんな人生にしたい? 日々自分の発する言葉に脳は反応します。 自己否定はもちろん、陰口が良くないのは、脳が自分の事として認識してしまうから。 脳は主語を判別出来ません。 私は人の人生を変えるほどの言葉は発せられないけれど、日々綺麗な言葉を発することが自分のためにも人のためにもなると信じて、意識していたい。 どんな言葉を発するかで、自分の人生が変わっていくかも⁈⁈     LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。
LINE限定インタビュー動画を定期的に配信しています。

「不運」を乗り切るには?Mind

「不運」を乗り切るには?

この記事を書いた人 フリーランス同時通訳者・ケント大学院医学翻訳コースの非常勤講師 Risako   前回「ヨガにまつわるあれこれ」について書かせていただきましたが、今回は少し心の内面に目を向けたいと思います。私の住むカリフォルニアでは、ここ1年コロナウィルス、人種差別問題、気候問題と次々と災難に襲われ、一言でいうと「不運」が続いています。このような「不運」や「不幸」を、どうやって乗り越えるかについて考えていきましょう。 1、笑顔 私達は、皆生まれながらにして笑顔を持っています。笑顔の似合わない人はいないですよね。私はヨガ指導中に、「笑いなさい。あなたは心が綺麗なんだから」と師匠からダメだしをもらいました。正直、笑顔が綺麗だからといって心が綺麗なのかどうかはわかりません。でも、笑顔に人は惹きつけられ、「笑う門には福来たる」とも言います。何より自分自身のためにあえて笑顔を作る事で、今いる状況を前向きに捉える考えにシフトしていきます。 2.怒りとうまく向き合う 作家のエックハルト・トールさんは『パワー・オブ・ナウ』という本の中で、「怒りを無意識に心の中に秘めている人ほど、周囲の人から言われもない理由で攻撃を受けやすい」と書いています。 私は「怒り」という感情は、必ずしも悪いものではないと思います。怒りをエネルギーにして、自分を変革する事もできるからです。だから、辛いことがあってどうしようもない「怒り」が生まれたら、日記などで自分自身の怒りを言葉にして認識化します。 あくまで反省とか人への攻撃という目的ではなく、自分自身の心を整理するために。「この怒りはどこから来ているんだろう?」と、傷心や落胆など怒りの原因を見つけ、怒りをうまくコントロールすることが成功への要因なのかもしれません。 3.悲しい時は泣く 涙には浄化作用があるといわれます。日々、失恋して傷心する事もあれば、ニュースで心が重たくなる時もあります。そんな些細な事件や出来事だと、自分の心の悲しみを無視したまま1日を過ごす事もあります。そんな時こそ、「涙を流してみる」ことをオススメします。5分でもよいから、一人きりになって子供に戻ったように泣いてみると、自分が理由もなく悲しいんだと改めて認識できるからです。男性の方ではなかなか難しいかもしれませんが、少しだけ涙を流すだけでも安心した気持ちになれます。 4.寝る 悲しい記憶も人間の脳はいつか忘れるものだと言いますが、それには時間が必要です。どうしようもなく不幸で、ヨガや瞑想だけでは疲れた心が安らかにならない場合、早めに寝てください。人によっては(私も含めて)、寝ている間にみる夢で心が整理される事もあるのです。夢を見ない人(覚えていない人)でも、眠りは次へのエネルギーの補充につながります。最近は不眠症の人が増えていたり、睡眠の力が疎かにされがちですが、睡眠でリセットできる面もあることを忘れないでくださいね。 5.運動やヨガをする 以前、ありささんが「運動」は「運を動かす」とヨガセッション中におっしゃっていましたね。運動により、脳から幸せを感じるホルモンであるドーパミンが放出されるそうですが、心と体はつながっています。誰でも運動をする事で体は喜び、止まっていた思考から離れることができると思います。ヨガに対しても、「私は硬いから」とか「ヨガは女性のものだから」とか「ヨガは精神的なものだから」と毛嫌いされる声も聞くことがありますが、まずは自分の体を動かしてみて、少しでも心が軽くしてみましょう。 6. 人と比べない これが一番難しいかもしれないけれど、自分の状況を人と比べない事です。人生には思い通りにいかない事だらけで、時には行き止まりを感じる事もあります。ただ、多くの場合「人に何を思われるか」「人より成功しなきゃ」という思いが、自分をがんじがらめにしています。人との違いを楽しみ、「ついていない」状況を受け入れると、自然と「運」がやってくるのかなと思います。 いかがでしたか?上記はあくまでご参考までで、「運」の変え方は人それぞれでしょう。自分の努力だけではどうにもならない事を「不運」「不幸」ではなく、「変革へのチャンス」と心の持ち様を変えていく事が、「幸運」への第一歩になると思います。Good Luck!     それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 
 LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。

Evil twinの言葉に惑わされないで!からだの声の聞き方とは?Mind

Evil twinの言葉に惑わされないで!過食をやめるための体の声の聞き方とは?

「からだの声を聞くことの大切さ、なんとなくはわかっているけど、具体的にどうやすれば良いかわからない」こんな相談をよく受けます。   私も20代後半になるまでずっと体の声を無視していたので、最初は自分の体が何を求めているのかわからず手探りでした。   でも、いくつかのことを意識することで次第に感覚が戻り、徐々に体の声に耳を傾けられるようになりました。 私が意識したのは次のようなことです。 *できるだけ良質で、自然の形に近いものを、シンプルな調理と味付けで食べる。 *楽しい、嬉しい、元気が出る、笑顔になれることをたくさんやる。 *一緒にいると落ち着く、自分を作らなくて良い、そんな人たちと付き合う。 *適度な運動を定期的に行う。 嫌なことを無理やり続けるのではなく、楽しいなと思えることを見つける。 *趣味を楽しむ時間を作る。 好きなことはなんですか?私はダンスやハイキング、読書が好きです。 *自然に触れる。 森の中やビーチに行けたら最高ですが、公園を散歩したり、野菜を育てたり、家の中からあまり出られないのであれば、観葉植物なんかを置くのも良いですね。 *寝る前の2時間はデジタルデトックスする。 これは私を含め、なかなかできない人が多いのではないかなと思いますが、ゆっくり本を読んだり、ストレッチして寝ると、やっぱり翌日はエネルギーに溢れ、物事がスムーズに進むような気がします。 コロナ疲れ?情報疲れ?デジタルデトックスを成功させる5つのTips 私がバーンアウトしてしまう時は、だいたいこの中のいくつかができていない時です。 からだの声を聞くのを邪魔するEvil twinってなに? カナダ出身の栄養士SadiaがやっているPick up limeというYouTubeチャンネルをたまに見ます。過食をやめる方法についての動画の中で、彼女はEvil twin(イビルツイン)について話しています。 からだの声を聞くのを邪魔するEvil twinの存在を知り、それを認識することで、からだの本当の声を聞き取れるのではないかと思ったので、みなさんとシェアしますね。 Evil twin(イビルツイン)とは、直訳すると邪悪な双子という意味。彼らは私たちの頭の中で私たちを惑わせる言葉をささやきます。 みなさんは、頭の中の悪の誘いに惑わされたことはありませんか? 私は。。。しょっちゅうです笑 3種類のEvil twinを聴き分けよう SadiaはEvil twinを3種類に分けています。 1、Strict Twin(厳しい双子) 「ダイエット中なんだからクッキーなんて食べたらだめだよ。甘いものはやめるって決めたでしょう?」 Strict Twinは、からだの声は無視して、こうするべきだと厳しい意見を主張してきます。 2、Extreme Twin(極端な双子) 「もう2つ食べちゃったんだから、残り全部食べたって同じだよ。明日からまた甘いものを減らせば良いよ。」 極端に何かを制限したり、決まりに従うのは短期間で、なんらかの目的のためになら良いかもしれませんが、長期的に続けるのは健康的とは言えません。自分が大丈夫だと思っていても、ストレスは溜まっているものです。溜まったストレスを爆発させないために、何事にも制限をかけ過ぎないようにしてみてください。たまには、自分を甘やかしてあげることも大切。でも、それは、欲望に身を任せることとは違います。 3、Encouraging Twin(助長する双子) 「運動したんだから甘いものを食べたって大丈夫だよ。良く頑張った自分にご褒美をあげよう。さあ2個目のケーキを食べな。」 Encouraging Twinは、一見自分のためを思ってくれているようですが、そうではないので気をつけましょう。自分にご褒美をあげることも必要ですが、からだと心の栄養となる質や量を考えましょう。何事もバランスが大切。   あなたの頭の中の声はEvil twinのささやきではありませんか? もしそうだと感じたら、耳を塞がずに聞いてあげましょう。そして、その声に従ったら自分のからだと心はどのように反応するか、考えてみましょう。     この記事を書いた人 Eriko ホリスティック栄養士 カナダでホリスティック栄養士をやっています。 体を動かすこと、体が喜ぶ物を食べるのが大好きです。 好きな人たちと笑顔で毎日を過ごす、そんなシンプルなことを大切にしています。私のウェブサイトでは、美容家の間で噂のオイル、抗酸化作用がたっぷりの「カカイオイル」を販売しています。 興味がある方はこちらから詳細をご覧ください。 https://www.cacayoilbeauty.com >>ウェブサイト >>インスタグラム  >>facebook  

脳内プログラミングを上書きして、新しい自分をつくる!脳神経学者「ジョー・ディスペンザさん」からの学びMind

脳内プログラミングを上書きして、新しい自分をつくる!脳神経学者「ジョー・ディスペンザさん」からの学び

この記事を書いた人 オンライン日本語教師 Kanako   「人は習慣の生きもの」という言葉、一度は聞いたことがある人も多いのでは? 周りの人が発したちょっとしたひと言に、ついカッとなったり、気になって眠れなくなったり。 つい反射的に作り出してしまうネガティブな感情や行動。 そんな自分の「無意識部分」に気づいているなら、理想の自分になれる日は近いかも??? 今回はArisaさんのおすすめでもある、脳神経学者ジョー・ディスペンザさんの著書「あなたという習慣を断つ」や、彼のインタビュー動画から得た学びを、みなさんとシェアしていきます。   人間は、目には見えない原子のあつまり? 私たちの生きている現代社会では、目に見える物質のみに重きを置く風潮があります。 容姿の美しさや、経済的な豊かさを、自分の幸せの尺度としている人は多いのではないでしょうか。 しかしこれらを量子力学的に見ると、どんな物質や身体も目に見えない原子の集合体にすぎません。 仕組みはよく分からなくても、遠く離れた場所にいる人とメッセージを送り合えたり、電子レンジに物を入れると食べものが温かくなることに疑問を持つ人はあまりいないですが、実はこれらの原理と同じように、人間の身体も原子のエネルギーを集めたり、発したりすることで成り立っています。 注目するところにエネルギーは流れるという原則を知ろう わたしはここ数ヶ月ほど、喉の違和感に悩まされていました。 運動中や友だちと話している時は、なんの違和感も感じないのですが、仕事をしているときや、寝ようとするとき、喉に何かが詰まっている感じがして息苦しく感じていました。 この症状が続いたので病院に行きましたが、とくに異常はなく、ストレスによるものだとの診断をうけました。 そんなとき、本書のなかで 「意識を向けた対象にエネルギーが注がれる。そして、物質世界に影響を及ぼす。ほしくないものに意識を集中させるのをやめ、ほしいもの(物質的な欲しい物ではなく、理想の姿や感情)だけについて考えることで、それらにエネルギーが流れるようになる」 と書かれていました。 気づけば喉の違和感を感じ始めてから、喉をマッサージしたり、喉の病気に関連したブログや記事を読んだり、たくさんのエネルギーを「喉の違和感」に向けていました。楽しんでいる時に違和感を感じなかったのは、まさにエネルギーが別のところに向かっていたからだと思います。このことに気づいてから、必要以上に喉に意識を向けるのをやめるようにすると、その違和感も自然と消えていました。 意識はネガティブなことへの方が向きやすい? 意識は喜びやインスピレーションといったものよりも、痛みや苦しみなどのネガティブなことに向きやすいそうです。 楽しいことをしていると、意識はいまに集中しますし、あっという間に時間が流れます。いちいち幸せな感情や状態がどうやって生まれたかなんて考えないでしょう。 一方で、いやな感情や経験には、その原因や解決策を見つけようと、気づかないうちに多くのエネルギーが向けられているのではないでしょうか。 「意識を向けたところにエネルギーが流れる」のですから、ネガティブなことにエネルギーを向ければ、当然ネガティブな感情や事象が結果として現実世界に現れてきます。 引き寄せの法則が叶わないのは、あなたの潜在意識・無意識が反対のことを考えているから? 願ったことが実現するという「引き寄せの法則」は、とってもワクワクする法則です。 しかし、顕在意識や現実で「お金が欲しい!」「素敵なパートナーと結ばれたい!」などと願っていても、潜在意識・無意識の中で「お金持ちになれるのは運がいい人だけ」や「一生シングルかもしれない」といった願いが叶わない不安や、「お金は悪」「嫌われたら?浮気されたら?」など、実際に願いが叶った後に起こり得ることへの不安があれば、さきほど書いたようにネガティブなことにより多くのエネルギーが流れ、願ったこととは違った現実が作られてしまうそうです。 「意識が向けられたところにエネルギーが流れる原則があり、ネガティブなことの方が、エネルギーを集めやすい」 ということを覚えておくと、ネガティブ思考に陥ったときのブレーキとなるかもしれませんね。 習慣が人をつくる 朝起きてから寝るまで、私たちは数多くの選択に迫られます。何を着て、何を食べ、どこに行き、だれと何を語るか。これらの選択の量はわたしたちの脳の処理能力を遥かに超えているため、私たちは「習慣化」という脳内プログラミング機能を備えています。考えなくても日常のいろんなことが自動でできる仕組みです。 たとえば毎日の歯磨きの習慣は、とくに難しく考えたり、決断をしなくても、だれもがたやすく続けられているはずです。 この歯磨き習慣もその根底を考えてみると、おそらく幼少期に「毎日することで、歯の健康が保たれる」というビリーフ(考え、思い込み)が植えつけられ、それが毎日の習慣になり、現在の歯の健康につながっています。 習慣化は人が生きる上で欠かせない脳内の自動プログラミング機能です。新型コロナウイルスによってストレスを感じるのは、人とのコミュニケーションの取り方や、外出の際の習慣化されたシステムが今までのように通用せず、ひとつひとつの行動に「選択」を迫られるからかもしれません。 「寂しさ・怒り・不安」などの感情も習慣化されたプログラミング? 何かトラウマ的な経験や嫌なことがあると、人は脳内でその状況を写真として記憶しようとします。そして、また似たようなことが起きそうになると、自動的にその写真が呼び起こされ、怒りや不安などの感情反応が起こります。 はじめのうちは「感情」という一瞬の反応ですが、それが数日続けば「気分」となり、数ヶ月続けば「気性」となり、数年続けばそれはその人の「性格」となります。 ときどき、いつでも不機嫌な人を見かけますが、もしかするとそんな人たちも、 始まりは怒りという一瞬の「感情」が本人も気づかぬうちにその人の「性格」にまで、成り上がってしまっていたのかもしれません。 感情は自然に生まれるから変えることができないと考える人がいますが、ジョー・ディスペンザさんは、できごとに対する感情的なリアクションを変えることは可能だと述べています。 「変化は、すべて思考から始まる」 ここまでの話をすこしまとめると、あなたの今の現実を作っているのは、あなたが意識を向けたものであり、それを繰り返し行ってきたこと(=習慣)の結果です。 思考が行動をつくり、その行動の継続が、現実を作り出すのですから、現実を変えたいのであれば、無意識な思考パターンを変えることが必要です。 無意識の思考に気づき、新しい変化を生むには? ジョー・ディスペンザさんは、無意識状態の思考に気づくには「瞑想」が良いといっています。瞑想を通し、後悔の多い過去や、自分の身体的コンプレックス、望ましくない今の環境といった概念から離れます。「時間・身体・環境」を超越し、自身の内側の声・無意識の部分に気づき、なりたい新しい自分の姿や味わいたい感情をイメージしていきます。 最近の研究により、私たちには思考だけで脳と身体を変える能力が自然に備わっていることがわかっています。この脳内プログラミングの上書きを継続することで、現実も変わってくるのだそうです。   瞑想の詳しい方法は本書の中で説明されているので、より深く知りたい方は本書を一読することをおすすめします。また、Arisaさんの動画やブログでも瞑想について説明されているので、おすすめです。 最後に私がおもしろいと思ったのは、なりたい自分像・感じたい感情などをイメージするときに、どうやってそれらを実現させるかは気にしなくていいという点です。 どうやってそれらが現実化するかは、宇宙の法則が決めることだそうです。 目標を立てると細かい行動計画やto doリストを作ってしまいがちですが、私たちがやるべき唯一のことは、理想の姿に完璧になりきることだそうです。 みなさんも無意識の脳内プログラミングを書き換えて、理想の現実を作ってみませんか? 参考書籍* あなたという習慣を断つ ― 脳科学が教える新しい自分になる方法 ジョー・ディスペンザ (著)     それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 
 LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。

先延ばしして自己嫌悪? 軽やかな心で過ごす方法とは?! 9Mind

先延ばしして自己嫌悪? 軽やかな心で過ごす方法とは?!

この記事を書いた人 自然が大好きなヨガインストラクター YUI   悩み過ぎて、物事がうまく進まない 不安、悩みがあって仕事、勉強が手につかない. ..。気づくと『はぁ…。』とため息。また同じ事を考えている。そんな経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか? 今回はそんな『先延ばしして自己嫌悪から抜け出し、軽やかな心で過ごす方法』をご紹介します。 ○セルフコンパッションとは? ○先延ばしする心理とは? ○心が軽くなるために今日からできる事 ○まとめ セルフコンパッション セルフコンパッショ(self-compassion)とは 自分に向ける『思いやり』『優しさ』。自分の長所、短所を受け入れ、どんな状況下でも『あるがままの自分』を肯定的に受け入れる事ができる心理状態のこと。 心身の良好さに関係している事が研究で明らかにされています。(EARTHSHIP CONSULTINGより) そしてセルフコンパッションが低い人ほど、ストレスを抱えて、悩み、物事が手に着かないという研究結果が出ています。 先延ばしする心理 人間は目の前に悩みがあると本来やらなければいけない事を先延ばしする行動を取ります。 例えば、好きな人からメールが返って来ない、既読にならないと、その事で頭の中がいっぱいになった経験はありませんか? カナダのビショップス大学で750名を対象とした2013年の研究『ストレスと先延ばし』では、 セルフコンパッションが高い人(自分を認めてあげれる人)はストレスが少なく、物事を先延ばしする事が少ない。 逆に、セルフコンパッションが低い(自分を責める人)はストレスを感じやすく、先延ばしする事が分かりました。 『私なんかダメ』と考えると前頭前野(ワーキングメモリー、行動の切り替え、プランニングをする場所)を圧迫することが分かっています。結果、何も手に付かなくなります。 では、どのようにすれば良いのでしょうか? 心が軽くなるために今日からできる事 ①ジャーナリング 紙に自分の心の声を書き出してみましょう! 不安、不満、悲しみ、苦しみなど正直に全て書き出します。 次にその感情がどこから来たのかを考えます。(昔言われた事が何年も忘れられない、自分で自分を許せない、など。) 例えば、私は不安でたまりません。理由はコロナのニュースを見て、仕事、今後の経済が心配。など思っている事をそのまま書きます。 すると自分の心の中を整理整頓したようにスッキリします。自分で自分の悩みを『あぁ、そうだったのか。それは苦しいね。』と理解してあげましょう。 ②ksamā(クシャマー) サンスクリット語でksamā(クシャマー)とは”許す”を意味します。 何か良い事があった日は人に優しくできたり、逆に何か不満があると心が締め付けられ、言動に余裕がなくなったりしませんか? ヨガ哲学で『許せない事は自分の問題』という考えがあります。 『嫌な事をされ苦しい。あの人が許せない!』 この想いは自分の首を自分で締め続けているのと同じという考え方です。 あなたは大切にしてくれない人の事を忘れて、自由に生きる事ができます。 何よりも大切な自分の事でまず、頭の中をいっぱいに。そして、自分を愛してくれている人の事をたくさん考えましょう! ③瞑想 身体の汚れは毎日シャワーで流します。それと同じように心も汚れを落としてあげましょう! ゆったりした呼吸に身を任せて、副交感神経が優位になる。科学的にも心のリセットとして有効と研究されています。 誰かに優しくリードしてもらいながら自分の心の中を整理整頓。 自分の心のために少し時間を取ってみてはいかがでしょうか? まとめ 自分の心を整えて、セルフコンパッションを上げることは、誰でも今日から取り組めます。 『軽やかな心』を手に入れて日常をより豊かに過ごして見ませんか?     それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 


みんな違ってみんないい〜娘の幼稚園、小学校生活から学んだこと 17Mind

みんな違ってみんないい〜娘の幼稚園、小学校生活から学んだこと

この記事を書いた人 Webディレクター修行中/一児の母 Ai   「あなたはもうすでにPerferctな存在なんだよ!」ということを改めて気づこう! 〜娘の幼稚園、小学校生活から学んだこと〜 はじめまして。 今回からブログを書かせていただきますAiと申します。 よろしくお願いします。 最初に少しだけ自己紹介をさせてください。 夫、娘、犬と共に神奈川県の湘南エリアに住んでいます。 仕事はWebディレクター修行中です。娘は小学4年生。犬はミニチュア・ピンシャー12歳のおばあちゃんです。 好きなことはパンを焼いたり、お菓子をつくること。息抜きは観葉植物のお世話と犬の散歩。 友達とワイワイ過ごすのも1人でゆったり自分の世界に浸るのもどちらも大好きです。 (しいて言うなら1人でいるほうがより好きかな〜〜) 海の近くに住んでいるのに、日々の忙しさに流され、海近の生活を存分に楽しめていないことが 目下の悩み。そんな特に突出すべきことがないどこにでもいそうな私ですがどうぞよろしくお願いします。   「みんな違ってみんないい」幼稚園時代 さて、今日は娘の幼稚園時代と小学校のお話をしたいと思います。 娘は幼稚園から高校まである一貫校に通っています。幼稚園も小学校も親子共々とても気にいっていて、娘の学校生活は母の私からみても「こんな小学校、私が通いたい!!いいな〜〜」と羨ましくなってしまうくらい素敵なのです。 幼稚園時代は、まず登園すると朝のお支度が終わったら何をして過ごしても自由なのです。とくに決められた時間割やプログラムがあるわけではなく、「今日、自分は何をしたいのか」を自分で考え、やりたいことをとことんやる。途中手助けが必要なときは先生に助けを求める。すると先生も、子どものやりたいことを一緒にサポートしてくれる。でも手出しはしない。あくまでもサポートに徹する。 例えば、幼稚園の恒例行事である「運動会」。やって当たり前とおもわれるかもしれませんが、娘の通っていた幼稚園はまず子どもたちに「運動会はやりますか?やりませんか?」と聞くところからスタートします。もちろん、「やりたい!!」という子も「やりたくない!!」という子もいます。 どちらの主張も「なぜ」を大切にして、みんでな話し合う。 そして、その上で開催するかしないかを決定する。プログラムも当日の進行もすべて子どもたちの話し合いにより決められ運営されます。 お互い意見の異なる人と話をして、お互いの気持ちを理解しあって、その上でみんなで決めていく。1人1人考え方を尊重し、「そういう考え方もあるんだね。」と相手を認め、自分の気持ちも大切にする。そんなことがごく自然におこなわれている環境で3年間をすごしたことは、娘の人としての基盤づくりに大きな財産となりました。 「自己肯定感」を育てることを何より大切にしている小学校 小学校生活4年目。娘の小学校で一番大切にしていることは、「自分はたくさんのひとから愛されている」という安心感に包まれること。そして「隣の人に心を寄せる」困っている人のために自分から動ける人になること。そんな環境で日々のびのびと学校生活をすごす娘は、誰かと自分を比較するということより、自分とは違うお友達の素敵な部分を素直に「こんなことができて素敵!いいね!」と言います。 校長先生がこんなことをおっしゃっていました。 「ご父兄のみなさん。お子さんがこの小学校ですごす6年間をどうぞご父兄のみなさんも、いまの自分にたくさんのOKをだしてあげてください。まずみなさんが、「いまの自分はすでに完璧な存在なんだ」ということをあらためて認識してください。自分に光を与えてください。そんな大人の姿をみて、こどもたちは未来に光を感じ、前に進んでいくエネルギーと生きる力を育んでいくのです。」 あなたはもうすでにPerfecrtな存在!! 日々子育てや仕事に追われあっという間に生きる大人の私達こそ、たちどまり自分の存在を改めて見つめ、「I am enough!!」と自分をハグすることが未来の光につながるということを気付かされました。毎日、自分をハグする習慣、はじめてみませんか。Arisaさんの瞑想もおすすめです!!「I am enough!!」「You are enough!!」   それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 


自分を好きになるMind

SNSは幸せの切り取り!人と比べずに自分を大好きになるヒント

この記事を書いた人 自然が大好きなヨガインストラクター YUI SNSは幸せの切り取り 友人ママのお話 “子供のかわいい笑顔だけをSNSにアップしてるけど前後は大泣き!”と言っていました。 SNSは幸せの瞬間の切り取りを集めた物。前後にはたくさんのストーリーが隠れています。 気づけば人の楽しそうな投稿に一喜一憂。今では『SNS疲れ』という言葉までできました。 株式会社アスマークの調査では20代~60代の男女42.7%がSNS疲れを経験したことがあると答えています。20代の女性は65%とかなり多くの人が経験しています。 毎日自分では何気なく見ているつもりでも、知らない間にストレスを感じているかもしれません。 そもそも楽しむために始めたSNSではないでしょうか? 疲れた時は少しお休みし、楽しみながら使いましょう!   自分へいいね!を送ろう SNSをチェックする際に“いいね!”の数、フォローワーの数をチェックしていませんか? たくさんの人から“いいね!”を貰っても、自分自身が自分の行動と考えに“いいね!”を送れないといつまでも不満のままです。 インドの古くからの教えヴェーダに“あなたこそが幸せの本質”という言葉があります。 幸せは外から来る物ではなく、自分の内にあります。 ヨガのポーズの実践でそれを感じた事があるのではないでしょうか? たくさん動いた後のシャヴァーサナで自分の“役割”(男性、女性、親、友人…など)を全て忘れてボーッとする感覚。 自分の中が研ぎ澄まされ、満たされたように感じた経験はないでしょうか?   ヨガの八支則の1つ『アヒムサー(非暴力)』。これには『考え方で自分を傷つけない』も含まれています。 自分自身を認めれない時、人は良くない行動と思考にはしります。 他の人はあなたに代わる事ができません。双子でどれだけ似ている生活、見た目であっても代わる事は不可能です。あなたはオンリーワンな存在なのです。その事に気づくだけで自然と心がリラックスへと向かいます。   自己肯定感を高める本の落とし穴   私自身『自分を大好きになりたい!』と思いたくさんの本を読みました。 すると『すごくハッピーな言葉』と『行動しろ!』の文字ばかりで疲れた経験があります。 当時の私にはとても受け容れられない内容でした。 これは後で気づきましたが、そもそも自己肯定感を高める本は自己肯定感が高い人が書いているからなんです。   マイペースが1番です。どれだけ偉い人の言葉でも自分がNOといえばNO。 身体がしんどくでお医者さんに行き『大丈夫ですよ。』と言われても自分がしんどく感じるならその日は“自分は疲れてる”と認めてあげましょう。 『誰にでもそんな日がある』と思うだけで心が少し軽くなります。   “こころ”の語源は2つあります。 1つ目は“ころころ変わるから”。 2つ目は“凝る(こごる)”『語源由来辞典』より。 気持ちが変化していく事も、疲れている時に心が凝る事もとても正常なのです。   五感を大切に   ヨガを通して心身の感覚を観ていくと、好きなポーズ、苦手なポーズが少しずつ分かるようになります。 するとマットの外でも“これは私にとってストレス”と感じる事が察知できるようになります。 ○例えば満員電車で早く行くより、時間がかかっても各停で行こう。 ○イヤホンで音楽を聞くより、風の音を聞こう。など とても些細なことでも五感を使う練習をします。すると 自分がご機嫌で過ごせる時間が増えていきます。   “自分自身にくつろぐ事”が1番の社会貢献になるとヴェーダは言います。 機嫌が良い人と一緒にいて嫌な人はいないのではないでしょうか? 自分がいつもより優しく、余裕を持って接すると必ず良いものが返ってきます。   【まとめ】 ○SNSで疲れた時はおやすみしよう ○私はオンリーワンな存在なんだと認めてあげよう。 ○マイペースに自分の心の声を聞こう。 ○五感を使って自分の好き嫌いを明確にしよう。   このヒントを使って自分を大好きになる方が少しでも増えますように。 そして少しでも軽やかに日々を過ごせますように。     それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 
 LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。

恐れや不安を安心に変えていく力、それは・・・ 27Mind

恐れや不安を安心に変えていく力、それは・・・

「人間は生まれつきネガティブに反応するようにできている!」 え?!なんだって?! ですよね。笑 前回のブログでお話したように、私たちの脳は、私達を安全に守ることが一番の仕事。 恐れや不安は私達を守るためにでてくる体の反応なんです。 昔、人間が狩りをしていきていたころ、周りの危険(動物)から身をまもらなければ いけなかった。昔から、人間に備わっている力です。 古い脳と新しい脳 「古い脳」と呼ばれる部分にこの恐れや不安を感じる部分があります。 ここは爬虫類〜哺乳類まで全てにそなわっている場所です。 生きいていくために必要なことをコントロールしています。 「恐れ、不安、怒り」に反応する「情動」はこの部分。 でも私たちはこの不安や恐れを安心に変えていく力があります。 それが「新しい脳」と言われる部分です。 人間が一番発達している場所であり、「上手に生きていく力」を育める場所。 ここには「情感」が加わります。 人や自分を思いやる心、 人や自分を受け入れたり、 人や自分を許したり、 この場所が不安や恐れを”安心”に変えていくのです。 他人の幸せを願うと自分が穏やかになれる? 「自分が不安な時に、同じ不安を抱えている人のことを祈ることで、こんなにも自分が安らかで幸せな気持ちを感じることを初めて知りました」 最近、瞑想についてのコメントをよくいただきます。 こう感じている人が多いことに、感動します。 これはまさに「新しい脳」で不安を安心に変えていける人間ならでは力なのです! 世界中の2割の人は、あなたと同じ状況、心の状態にあるといいます。 自分が苦しい時、辛い時、その他の2割の人が苦しみから解放されるように唱えてみてください。 他人の幸せを思っている時、私達は自分のことは考えなくなります。 自分フォーカスによって発生していた苦しみから解放されるのです。 私は、パーソナルな出来事で不安でたまらない時がありました。 その時にこれを思い出してみたんです。 そしたら不思議なくらい心が落ち着きました。 もちろん不安はあるのですが、その感情に優しく寄り添っているような。 他にも不安を抱えている、世界中のどこかにいる人たちに支えられているような感覚。 他者を思う瞑想(LovingーKindness瞑想)には、以下のことも研究により証明されています。 科学的証拠にもとづく、Loving-Kindness瞑想の効果 1、ポジティブな感情が増え、ネガティブな感情が減っていく(参照文献) 2、ストレスとも深く関係している迷走神経が健康な状態になる(参照文献) 3、偏頭痛の減少(参照文献) 4、慢性痛の減少(参照文献) 5、鬱の症状、PTSDの症状の緩和(参照文献) 6、脳の灰白質の増加(参照文献) 7、不整脈の改善 8、加齢を遅くする など、たくさんの研究がでています。 瞑想をしている人の脳は、この新しい脳の灰白質(神経細胞が集まっている場所)が、 瞑想をしていない人に比べて厚くなっていることが研究で明らかになっています。 瞑想には、まさに脳を変えていく力がある! 世界中が様々に変化をしている今、ヨガやメディテーションで不安や恐れを安心に変えながら、勇気と強さを身につけませんか?    

思考癖の正体は?その変え方Mind

みんな持ってる!思考癖の正体とその変え方

今世界中でいろんなことが起きています。 Be the change you want to see in the world. 見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい 〜マハトマ・ガンジー この時だからこそ、自分を内観し、 どんな世界を望むのか、 どんな自分でいたいのか、 どんな自分に進化していきたいか、 そして何をまわりにどんな貢献をしたいか そんなことを考えていく時期。 どんな状況でも「現在の幸福感」を 感じる心を持ち、 そして必ずくる明るい未来に向けて、 しなやかな強さと勇気を身につける。 それができるといつでも自分軸に戻り あなたの思い描く人生を手にいれていけます。 ぜひこちらからチェックしてみてください。 ↓ ↓ ↓ Arisa流マスターマインド瞑想&ヨガ 詳細はこちらから ====== 思考癖って誰もがあります。 いつもでてくる思考ってありませんか? 自分を疑う思考だったり。 変化を恐る思考だったり。 お金はいくらあっても足りない! なんていう思考かもしれません。 そういう思考癖の正体はなんでしょうか?   みんな持ってる!思考癖の正体は? 脳科学的に見て、思考癖は ”神経細胞同士のつながり” です。 今まで何十年も生きてきて、 同じ回路を使うから、 神経細胞どうしのつながりが最強に太く なっているのです。 はやりコネクションが強いほうが すぐに反応するので、 何かあるごとに一番最初に反応します。 繰り返しその回路を使用することで 癖が作りあげられます。 頭にでてきた思考はフィーリングを 生みだします。 ま、これも脳内物質の放出なのです。 じゃあ、そのいつも出てくる思考を変えればいいじゃん! て言うは易し、行いは難し・・・。 なぜなら脳の本質に逆らうからです。   脳が持っている2つの性質 脳には2つの性質があります。 1、安全第一 私たちを守ることが仕事 2、効率的なことが好き、新しいことが嫌い   今までと同じ、慣れていることが好きなんです。 安全だし、エネルギーを使わずにすんで効率的だから。 だから癖を直したり、 新しい習慣をつけるのは、難しいんです。 あなたの意志が弱いからとかの問題では ありません!それが脳の特徴なんです。   Automatic Negative Thoughts (ANTs、オートマティック・ネガティブ・ソート)ってなに? アメリカの精神科医、ダニエル・エイメンが 作ったANTs(アンツ)という言葉があります。 蟻じゃありませんよ・・・ Automatic Negative Thoughts オートマティック・ネガティブ・ソート 自動的にでるネガティブ思考 のこと。ダニエル・エイメン氏の本、 Change your brain, change your life はとっても興味深く、面白いです。 彼は話すこともとても上手なので、 ぜひYouTubeで彼の講演を探してみて ください。 私は結婚当初、夫婦間の問題があると すぐに 「これだから外人は日本人みたいにしつけが されてないし、教育を受けていない人は 我慢をしらない!」 という思考がでてきて、 彼のことをジャッジしていました・・・ これは私のANTsでした。 なんて人種差別な人なのか・・笑 自分が嫌だと思ったことは嫌だ、 やりたいことはとことん追求の 彼をうらやましくも思いながら、 奥さんとしては大迷惑だ! と思っていました。笑 でもそれは、 「安定第一、普通が一番」 という私の両親、そのまた両親と 代々受け継がれてきた価値観から…

重い気持ちを軽くする方法Mind

重い気持ちを軽くする方法

”Keep your face to the sunshine and you cannot see the shadow.” 顔をいつも太陽のほうにむけていて。 影なんて見ていることはないわ。 〜ヘレン・ケラー   1月に、旦那さんのお母さんと叔母さんがメキシコに遊びに来ていました。 おばさんは、昨年11月に高校生の時から連れ添った旦那さんが他界し、お義母さんは、お義父さんの痴呆が数年前に始まり、それのストレスを抱えている。仲のよい姉妹には、とっても必要なバケーションでした。 70才前後のグランマ達がお昼からマルガリータを飲み太陽をたくさん浴びて、亡くなったおじさん、そして、痴呆のお義父さんのジョークを言っては笑って、泣いて。 “You have to find light in the dark.” 暗闇の中でもライト、軽さをもたないとダメよ と叔母さんはいいます。 コロナウイルスが蔓延するなか、どうしても気分が落ちたり、ネガティブになってしまったり、全世界におもーい空気が流れています。 でもそんな時も、楽しむこと、楽しさを見つけることを忘れないで! 目の前にいる愛する人を大切にして、いっぱいハグして・・・ おっと、もしかしてハグはウイルスが伝染するので、 ダメかもしれません。爆笑 ので、エアハグで:P こんな時こそ、笑顔を忘れずにポジティブに毎日の「よいこと見つけ」をしていきましょう。 今日、あなたが感謝することは何ですか?     (写真をクリックするとアマゾンリンクに飛びます)

見方が変わると、その物事がかわるMind

物事の見方を変えたら、その物事自体が変わる

“If you change the way you look at things, the thing you look at changes.” もし物事の見方を変えたら、 その物事自体が変わる” 〜Wayne Dyer   私の好きな言葉のひとつです。 生きているといろんなことが起こります。世の中の流れや経済や、ウィルスだったり・・ 私と旦那さんは結婚13年だけど、両親は彼にあったことがありません。 話すと長いし、家族の問題はその家庭にしかわからないことも多いと思うので、割愛しますが、数年間はそれが悲しくて悔しくて仕方ありませんでした。 どうにかして彼らの考えを変えてやろう!と必死になっていたし、送られてきた手紙に書かれていた内容が、1日中頭から離れずに悩んだ時もありました。 でもそれは向こうも同じだったと思います。笑 たくさんの本や記事を読み、ヨガをやり、やっとやっとやっと体感できるようになったことは、 受け入れること。 そして自分に幸せになる許可を与えること。   「受け入れる」という言葉は受け身的に聞こえるけれど、そうではありません。 その状況を好きにならなくてもいいし、 これ以上よくならないからと諦めることでもなく、 もっとこうなって欲しいと願って全然いい。 我慢をすることとも違います。 自分の必死の抵抗を手放して、 幸せになる許可を自分に与えてあげて、 この先どうなるかわからない、未知なこと、不確実なこと(Unknown)なことにもOKになる。 自分の心の平穏のために・・・ 状況を変えることはできないけれど、 状況を受け入れて、 それに対する自分の反応は変えていける。   今、あなただけではなく、世界中の人が同じことに不安を感じています。 それってある意味すごいです! 心がざわざわした時は、自分と同じように不安でざわざわしている人たちが、穏やかでいれますようにと祈る。 そうするとほかの人を祈っているその間は、自分のざわざわが落ち着いていると思います。 不思議(^^) 昨日もお話したように、恐れにもっとも効く拮抗薬は愛の力なんだなぁ 今日もみなさんが穏やかにすごせますように・・・ うがい、手洗い、 そして笑顔を忘れずに過ごしていきましょう! Don’t forget to smile! (写真をクリックするとアマゾンリンクに飛びます)

恐れと平穏Mind

一番恐れていたことが起きた・・・

「一番恐れていたことが起きた・・・」 13年前、カナダ、ビクトリアへの10ヶ月を終えて日本に帰り、白人の彼氏ができたことを父親に話した時にこう言われました。 恐れていたことそれなんだ?!笑と思わず笑ってしまいましたが、昨日のブログの内容を教えてあげたいです。 「恐れていたから、それが40倍~70倍にもパワーを与えたのかもよ、とーちゃん!!」   「恐れ」は私達人間に必ずある感情です。 その感情があるからこそ、敵から自分自身を守り、発展してきました。 でもこの恐れは環境によって、コンディション(条件づけ)がされます。 マウスでの面白い実験があります。 マウスの足に電気ショックを与えると、マウスのカラダは 『電気ショック=恐れ』 と反応します。 マウスに単独で音楽を聞かせると、特に恐ることもなく、ニュートラルな反応を示します。 しかし、音楽を聞かせると同時に、電気ショックを与えることを繰り返し続けると、そのあと単独で音楽聞かせた時に、 『音楽=恐れ」 というカラダの反応を示すのです。 実際はなんの害もない音楽が!!です。 こんな風に脳はコンディションされていきます。 それは私達の脳も同じです。 現代社会は、恐れの感情をかきたてる書き方、情報やニュースで溢れています。 ”フェイクニュース”なんていう言葉がトレンドになっているように、事実がわからなくなっている。 「恐れやネガティブは売れる」 からです。 自然災害や銃による大量殺人などの事件が起きた時、多くの人がずっとテレビをつけてみていますよね。 はい、私もその一人です・・・   現代社会で生きる私たちの脳は、小さなことや、過去のこと、未来ことなど実際に今起きていないことまで恐るようにコンディションされてしまっています。 「恐れ」は人間の自然の反応だけど、それからの対応はひとりひとり違います。 恐れを感じると私たちは状況をコントロールしようとします。 ある人は、恐れに反応して、パニックになり、 必要以上に買い込んだり 他人を責めたり、怒ったり、 さらなる不安を感じることで コントロールしょうとするかもしれない。 ある人は、恐れを感じたら、そこで立ち止まり、 論理的な脳で分析する。 何に恐れているのか、今起きている事実は何か、 今自分に必要なことは何かを判断していくことで、 状況に対応していきます。 どちらが理想的か、 それはあなたが決めることですが、 私は後者になりたいなって思います。 なんかそっちのほうが、ピースフルだから。   瞑想やヨガ、マインドフルネスは、 恐れに反応する脳の扁桃体という場所の 過度の活動を抑えるという研究報告があります。 そして論理的に考える部分、 前頭前皮質にポジティブに作用する。 不合理に怖がったり、怒ったりすることなく、 合理的に分析する力がどんどんついていくと 言われています。 「恐れ」にズームインしていたのが、 ズームアウトして、もっと全体像が見えるように なるような。そんな感じ。 現在世界中で蔓延しているコロナウイルス、 たくさんの人が恐れ、不安を感じています。 今朝、世界中の40〜70%の人が罹患するであろうと アメリカの感染症専門医師が話していました。 何が事実かわかりませんが、気をつけるにこしたことは ないと思います。 恐れや不安にパニックにならず、 今自分ができることを丁寧にする。 「恐れ」の拮抗薬は「愛、思いやり」です。 自分への愛、周りの人への思いやりの心を もう一度見つめてみる。 あまり外にでれないこの時期だからこそ、 ”つきあいだから仕方ない・・・” と思っていたことをやめてみる。 そんなこともよいかもしれませんね。(^^)     (写真をクリックするとアマゾンリンクに飛びます)

AcceptanceMind

現実や人を受け入れられない時!受け入れること、受容(アクセプタンス)の意味

生きているといろんなことがあって、時には自分を苦しませるような出来事や人間関係もあるし、自分が想像もしていなかったことが起こる時がある。 好きなあの人と一緒になれない現実、想像とは違ったブラックな会社の働き方、嫌味をいってくるお局さんや義理のお母さん、自分の理想とはかけはなれた家族関係、病気、病気による身体の痛み、・・・ など。大きいことだけではなくて、毎日の小さいことも含めたら、抵抗とまではいかないけれど、 「あ〜もっとこうだったらいいのにな」 っていうことって必ずしもあるし、そんな理想の現実の違いにもやもやしたり、苦しくなっている人は少なくはない。過去に起きた出来事を受け入れれずにいる人もいる。 抵抗すると、私たちの身体には気づかないところで緊張が生じている。 その状態が慢性的に続いていると、体調を崩す原因にもなりうる。 「そのままを受け入れると心が楽になる、自由になる。受容しなさい」 なんて言葉ことはわかっているんだけど、その現実を受け入れることができないから苦しいんだよね・・・ 現実や人を受け入れられない時、「受け入れること、受容」の意味 受け入れること、受容(Acceptance)とは、 人やものに対する自分の抵抗に気づいて、自分の心の平穏のために抵抗を諦めること。   そして同時に以下の3つのことも知っておく。 1、受け入れる時、その現状や人を好きになる必要も、賛成する必要も、サポートする必要もない。自分のために自分から選択する。 受け入れる行為は、自分自身のもの。相手やその状況を好きになる必要は全くない。 もし、人が何か苦しめるようなことを言ってきた時。自分が我慢して、現状におきていることを「はいはい」とそのまま受け入れるということではない。そんな仏のような人になる必要は全くないんだよ。 自分をリスペクトして、意見を言う時はいう。 でも感情にのっとられて言い返すのではなく、人や出来事との間を置いて言えるようにする。 2、受け入れること(受容)は受け身の行動ではない。自ら練習していく行動。 ある日受け入れることができたら、その出来事や人はもう自分の記憶には現れない。。 なーんてことは残念ながらないんだな。 身体の痛みも、過去の人間関係も、理想と現実の悩めるギャップも何度も現れるけど、その都度、自分のそれに対する抵抗をリリースしていく。苦しい思いも自分で優しく受け止めてあげる。 これは自己受容の時も同じ。 この過程を繰り返していくと、絶対に自然に抵抗をギブアップすることができる。   3、受け入れたからといって、その状態がそのまま続くわけではない。 いったん受け入れてしまったら、この痛みはずっと続くのではないか。 今の状況を受け入れる=ま、これでいいか。と関心を失うことで、その先改善がないのではないか。 そんな風に思いがちだけどそうではない。 受け入れたあとに、自分の理想の方向に変えていくことは十分に可能。人も出来事も変わりゆくものだもんね。   Pain is inevitable suffering is optional.  痛みは避けれないられないけれど、苦しみは自分しだい。 〜村上春樹 本当だね! アプリ限定瞑想に、アクセプタンスの瞑想をアップしています。 よろしければ、チェックしてみてください(^^)   【お知らせ】 Wellness To Go、Arisaの初の著書が発売中です! 「バンクーバー式ウェルネスヨガ」永岡書店 感動的に効く、症状別1日1ポーズ、QRコードで動画に飛べたり、毎日が少し楽になるWellness Tips、そしてコラム。たくさんの写真から、バンクーバーの空気感も感じてもらえる、見ているだけでも肩の力が抜けて元気になる本! ぜひこちらからご予約お願いいたします(^^)  

ポジティブ思考Mind

ネガティブ思考は免疫力も落とす!ネガティブ思考を変える3つのステップ

覚えておきたい事実! 私達の思考のうち、80%はネガティブな思考。そして、そのうち90%は同じ思考の繰り返しです!   未来への不安だったり、過去への後悔。誰かに対しての怒り。 自分を責める・・・ こういうことって誰もが経験していると思います。 ネガティブな思考は悪いことではありません。 ポジティブな思考と同じ、ただの思考のひとつです。 でも私達は、どうしてだかそのネガティブな思考になると、その思考を取っ払うことが難しいです。 それはどうしてでしょう? 知らないうちにネガティブ思考に心地よくなっている! ネガティブな思考、マイナス思考は今までの経験、環境、目でみてきたことなど、聞いてきたこと、全てのものから出来上がっています。それが全部頭の中にプログラミングされています。 私達はそのプログラミングのまま何十年も生活しているので、私達が変えたいと思ているネガティブ思考も実は心地よくなってしまっているんです! 脳は新しいことが嫌いなので、慣れているネガティブ思考から抜け出すことさえ怖がります。 私達は、選択して、自分で人生をクリエイトしていく力があるのに、まるで自分が人生の被害者になったように振る舞う人達。出会ったことありませんか?   ネガティブな思考を変える方法、それは感謝の気持ち! ネガティブな思考を変える方法、それはずばり、「感謝」です。 怖い、不安、怒り・・・ネガティブな思考が出た時、体はストレスホルモンを放出し、「ファイト–フライトレスポンス(闘争逃避反応)」の状態になります。 戦うのに必要のない、体を修復させたり成長させたりする機能がどんどん落ちていきます。そうすると体の免疫力も落ちていきます。 1日10分、自分のネガティブな思考を「感謝」に置き換えるという実験をしたところ、半数以上の人のIgA(免疫グロブリンA)が著しく増加したという結果がでたそうです。 さらに!アンチエイジング、ガン抑制細胞、炎症を抑える細胞が増加しました。   ネガティブ思考を変える3つのステップ ステップ1:すべてをストップして立ち止まる ネガティブ思考が出た時、まず立ち止まってその思考に気づいてみましょう。 立ち止まらないと、まるで思考に体が乗っ取られたようになり、思考が加速し、感情もついてハムスターの車輪のようにぐるぐるしていきます。一度全てをストップしてみましょう。 ステップ2:「今あなたは何に感謝しますか?」と自分に3回聞く ネガティブ思考を感謝の気持ちに置き換えるステップです。 「今あなたは何に感謝しますか?」と3回自分に聞いてください。 ここでなーんにも感謝することが思いうかばなくてもいいです。そんな時もあります。 それでも3回聞く。そうすることで、脳は感謝することを見つけてくれるんです! 脳ってすばらしい! このステップ2まででも十分です。もし追加できるのなら、 ステップ3:なりたい自分、欲しい未来をイメージする どんな思考をもった自分になりたいか、この状況下で理想の自分はどんな風に対応するか。 この状況がどんな風になったらいいか。目をとじてイメージしてみましょう。 ============== ヨガで「サントーシャ」いう言葉があります。「足るを知る、満足」と訳されます。 「もっとこうだったらいいのに」と思う時って絶対あります。 十分に満たされているはずなのに、ないものに目がいってしまう。 人間って、常に何かを求め続ける生き物なのかなって思います。 向上心は大切だけど、今の状況に不平不満を言っていてもそれはなーんの解決にもならない! 心を落ち着かせてまわりを見渡すとすでにあなたは満たされていることに気づくかもしれませんね(^^)   
 LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。
LINE限定インタビュー動画を定期的に配信しています。

アハモーメントMind

“ひらめき”の瞬間「アハモーメント」を増やす4つのステップ

ひらめき / AHA moment (アハモーメント)という言葉があります。 何かがきっかけで、今まで悩んでいたことの答えがひらめいたり、腑におちたり、頭の中のインフォメーションの破片が繋がった、点と点が繋がった瞬間のことをいいます。 AHA!なるほど!そうだ!こういうことだったのか! っていう自分の中での気づき。 こういうことって、シャワーを浴びていたり、瞑想やヨガをしたあとだったり、ワークアウトしていた時だったり、編み物をしている時だったりに多くないですか? 一生懸命必死になっている時に悩んでいたことの答えがみつかったりすることって少ない。 これはアハモーメント(aha-moment)が、マインドが静かで顕在意識が休んでいる時に起こりやすいから。 顕在意識では、理解したり解決したりできない時、アハモーメントが答えになることって時々あります。 先日バンクーバーに来ていた私が尊敬するオプラ・ウィンフリーの公演に行ってきました。 オプラ・ウィンフリー、ディーパック・チョプラ、そしてエレン・デジェネラスの3人は大好きで、この人たちの姿勢や考えからは多くの学び、気づきを得ています。 Aha Moment の定義は :a moment of sudden realization, inspiration, insight, recognition, or comprehension 突然の認識、インスピレーション、洞察、認識、理解 この中でオプラは認識(regognition)の意味が好きだといいます。 Recognition とは、聞き覚えがある、気づくこと、認識。 「私が話すことやシェアしていることは、もうみんなが身体で知っていること。話や出来事が引き金になってそれに気づくだけ」 と公演の最初に話してくれました。 本当にその通り! 人生色々悩んだり、問題が立ちはだかったりするけれど、答えは自分の中にある。 自分の中にある答えに気づくきっかけが、本やセミナーやヨガや瞑想だったり、病気だったり、人間関係だったり、ワークアウトだったり、アートだったり、占いだったり、その手段は山ほどまわりにあるから自分にあうものであればなんでもいい。 このアハモーメントはランダムにでてきていると思われがちだけど、実はそうではなくて、アハモーメント、気づきを増やす脳にすることができると研究で報告されているそうです! どうせだったら、アハモーメントをたくさん持ってクリエイティブになりたくないですか?! 私はなりたい!!笑 ということで、アハモーメントを増やす4つのステップをご紹介します。 科学的に証明されている、ひらめき(アハモーメント)を作る4つのステップ 1、ひとりで静かな時間をつくる 日本の生活って忙しいです。 私も日本に住んでいたころは、仕事も遊びも予定をつめこんでいました。 でも静かな時間を作るのは、「気づく」脳を作るのに必要不可欠です。実際に、15分の静かな時間をとったあとは自分のバイアスを少なくして、賢い決断ができると報告されています。 アドバイス:どんなに忙しくても、一人の時間を作りましょう。オフィスにいる時は、誰もいない部屋にいったり、トイレにいったり、家の納戸に隠れて(笑)10分だけ静かな時間を作る!なんていうのもとってもよいかもしれません。   2、意識を内側に持っていき、空想にふける時間を作る 一人で静かな場所を探したら、意識を内側に持っていきます。 呼吸とともに動いている胸の動き、お腹の動きに持っていきます。 胸に手を置いて心臓の鼓動に意識をもっていくのもいいし、頭頂部から足先までをスキャンするのもいいです。 ひらめき(アハモーメント)がでる直前の脳波はアルファ波だそう。アルファ波は外部からのインフォメーションが少なくなっている状態。ちなみに現代社会の忙しいマインドはベータ波。最近ではベータ波の幅が大きすぎる、高ベータ波(High-β)の人も多いです。 起床時、寝る前、そして瞑想の時はアルファ波になりやすい状態になっています。 そして、内側に意識をむけることは、マインドをさまよいさせることとも提携しています。 洞察力をするどし、創造性を豊かにするにはマインドをさまよいさせる、頭を使わない空想にふける時間も必要だと研究でも明らかになっています。 アドバイス:朝起きてすぐに携帯やメールをチェックせず、今日のやるべきことも考えずに、朝の準備をしている時、歯を磨いている時、頭をぼんやりさせてみましょう。 そしてスケジュールをたくさん詰め込みすぎないこと!お風呂でもテレビをみたりするのではなく、意識を内側にむけて、ぼんやりと空想にふけってみましょう。 時々マインドを自由にさせてあげましょう。 私は瞑想のあとに、ぼんやりとマインドを自由にさせる時間を一瞬つくっています。(上記の動画) 3、物事をポジティブな見方に変える 悩んでいる時やモヤモヤしている時、どうしても心に不安や心配を感じてしまいます。 そういう感情は、脳にあることないことを言って騒音をもたらします。 逆に気分が良い時は、幸せを感じている時は、脳は幅広い情報に気づくことができると研究されています。 でもポジティブなれない!という時もあるはず。 そういう時は、小さな気持ちいい!これ好き!!ということを行動していきましょう。 アドバイス:気分が落ちている時なんて誰もがあること。インスパイアされるYouTubeをみたり、大好きな友達とご飯を食べにいったり、好きな香りのアロマやキャンドルをたいたり、小さな『気持ちいい〜!』を増やしていきましょう。 4、頑張りすぎない Less effort 人生のパートナーを見つけようと意気込んでいる時ってなかなかその相手に巡り合わなかったりしませんか? それと同じ。 何かについて一生懸命考えている時は、なかなか結論がでなかったり、いいひらめきが出てこなかったり、思いつくことができなかったり。 そういう時、私は散歩にでかたり、ワークアウトをしたり他の仕事をしてそのことから少し距離をおきます。 意識のうちのたったの10%が顕在意識。90%は自分でも気がつかない潜在意識です。 物事から少し距離をおいても、90%をしめる潜在意識では、距離を置いた一番最初に考えた物事を考えているそうです。 アドバイス:もし行き詰まったり、同じ考えが頭の中をぐるぐるしている時は、しっかりと休憩をとってジムにいったり、少し動く系のおうちヨガ、ワークアウトをしたり、全くちがうこと(家の掃除、断捨離なども)をしましょう。   上記のことをする練習をしていくと、ひらめくことや、アハモーメント(Aha Moment) が多くなり、気づいたり、閃いたりすることが多くなっていきます。 創造性も豊かになり、重要な決断も素早くできるようになるかもしれませんね(^^) 参考文献:”4 Steps to Having More “Aha” Moments” Harvard Business Review